FC2ブログ

ただ、ただ、涙

相模原殺傷事件で犠牲になった女性(当時19歳)の母親が娘の名前を「美帆」と公表し、思いをつづった手記を公表した。

こちら


奪われてもよい命などない。

否定されてよい命などない。

建仁寺-両足院-冬の特別公開-襖絵

両足院のウエブサイトに、「襖絵プロジェクト」のページがあります。
その襖絵を見てきました。

yjimage_202001031931318e0.jpg

「座禅」はまったく無理、不可能です。
「写経」は、文字数が多くて、難しそうで諦めましたが、いつか挑戦できる日がくるのではないかと思います。

特別期間のみの御朱印がありました。
文殊菩薩(1000円)と普賢菩薩(1000円)と鍾馗様(2000円)がありました。
普段の御朱印は300円です。
でも、次男の生まれ干支の守護仏が文殊菩薩なので、文殊菩薩の御朱印を購入しました。

blog-1_20200103165210524.jpeg


合格祈念に購入する人がほとんどらしいです。
次男は受験を控えているわけではないけれど、次男にこそ、仏の智慧を授けてやってほしいです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

変化

木曜日は、普通ゴミの日。
でも流石に正月二日は収集が行われない。

それでも、水曜日の夜になると、次男は、ゴミ箱の中のビニール袋を取り出して、翌日の朝に持ち出せるように準備する。
さぁ。。。どうしようか。

次男に、言葉で説明する。
次男に、ゴミの収集日を知らせるアプリを見せて、「明日はゴミの収集はありません。」の表示を見せる。

次男の反応は、「ダメ!!」

納得できないのだ。
まぁね、仕方ない。

昨年は、次男は、夜のうちに、ゴミ袋を玄関まで持ってきて、翌朝のスタンバイをしていた。
翌朝は、私は、次男が起床する前から聞き耳を立てていて、次男がゴミ袋を持って玄関を出ようとする時に備えていた。
次男が玄関が現れた時に、仁王立ちになって、「次男くん、今日はゴミ収集がありません。」 と大きく紙に書いたプラカードを見せて、説得した。

ま、今年も同じようにやりましょ。。。
母は、頑張る!!


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

London 2020 fireworks streaming live 🔴 - BBC

すっごい派手!! な新年。
いつか、これを生で見たい。

次男にも見せたい。
でも、羽田から12時間のフライトが問題だ。
次男には拷問だと思うから。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

新年あけましておめでとうございます。

今年も健康でいさせてください。
健康でさえあれば、あとはボチボチがんばります。
長男も、次男も、私も、健康で居させてください。

と、初日の出に願いました。
初日の出を見るために、ポコポコ歩いて来ることだけでも、健康で居られて幸運である証です。


皆様の健康も祈念しました。
今年もよろしくおねがいいたします。

2020-01-01_07-18-48_957.jpeg

2020-01-01_07-42-17_647.jpeg


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR