FC2ブログ

icloud.com で FaceTime

---機械音痴のおばさんのメモメモメモ----

LINE をダウンロードしなくても、FaceTime を使うことができます。

アイフォン、アイポッド、アイパッド に FaceTime があるけれど、電話機能がない アイポッド、アイパッド では LINE や skype をダウンロードしなくては使えないのかと思っていた。
だって電話じゃないから。


そんなことはないです。

FaceTime に @icloud.com のメールアドレスを登録すればよいです。

登録したメールアドレスが電話番号の代わりになります。

Wi-Fi環境下で、FaceTimeを利用した通話ができます。



次男は、実家に帰ってくると、携帯電話を自室のラックにかけてしまって、次男がTVを見たり、PCを触っている居間には持ってこないので、家の外から次男の携帯電話にかけても応答してくれません。
ipodtouch は、いつも居間に置いているので、これは利用できるかもしれません。

LINEよりも音声が良いです。
もしかしたら安定しているかも。

次男は、画面に、私の顔 (^◇^) が出てきたら、応答してくれるかな。
逆に、イヤかな。

怪盗グルーのミニオンラッシュ

次男にウケました。

上手にできているか、いないのか、わかりませんが、とにかくウケました。
無料アプリです。


コレがタダなら有料アプリがマジで不要?!

2014-8-11-1-2


公式サイト


大阪市職員が、「重度の知的障害者でPCのマウスをクリックできる人はいません。」と言いましたが、そんなことはありません。

「スワイプもフリックもできません。」と言われましたが、そんなことはありません。

お母さんが銀行のATMを操作している間、バギーに乗せられている幼児(36か月未満)が、タブレットで遊んでいる時代に、なにをボケたことを言っているのでしょう。

障害者にこそ、PC、タブレットに触らせなくちゃ。
「アプリ内課金を制限、禁止する」という設定ができます。

どんな形で可能性が見えてくるのか、こないのか、そんなこと誰にもわからないです。
わからないからやってみましょ。


携帯電話が世に出て、各家庭にPCがあるのが当たり前になって、ipad ipod iphone その他もろもろタブレット、エトセトラ。。

社会がこれだけ変化した30年間が他にあったのだろうか。

知的障害者のイメージも変化してしかるべき。



次男に、ipodtouch ではなくて、ipad を触らせたいわ。
画面が大きいもの。

アプリに子守をさせてはいけないけれど、こんな有能な文明の利器を使わないのはもったいない。

体内時計

今朝は雨です。


雨でも次男の体内時計は正確です。
5:00には起床していました。
母は、わかっているけれど、5:30のアラームが鳴らない限りベッドから出るのはイヤです。

次男くん、今朝もニコニコしてくれて、親孝行です。


これは、砂遊びのアプリです。
次男は、気に入ったようです。

幼児用ですが、なかなかどうして、秀作です。
おばさんもは、はまりました。
哲学的です。

自分で自分のセラピーをしている気分です。


2014-6-22-1-2


2014-6-22-1-1


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

着せ替えアプリ

これは、どうかな。
おもしろいかな。。

無料版で試しています。
次男は、チョイチョイとさわっていました。

すぐに飽きてしまうかもしれませんが、無料ですから、これくらいで充分です。

2014-6-21-1-2


2014-6-21-1-3

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR