FC2ブログ

デイサービスで豪華なランチ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

青年教室の「生け花」の後、地下鉄で移動してデイサービスで昼食をいただきました。

「豚肉の角煮」定食です。
おいしそうでしょ。(^◇^)
ボリュームたっぷりです。





次男は嬉しそうにモリモリ食べていました。


仲間つくり教室の「生け花」の素材を持ち帰りましたが、デイサービスで2/3を寄付してきました。
自宅に持ち帰ったのはこれだけです。


スィートチリソースの空き瓶にさすと、素敵になりました。(^O^)/

2011/6/11デイサービス-フレンチトーストのブルーベリーソースかけ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

美術教室が2:00始まり3:30終わりになったので、次男とイッペイくんが授業が終わってデイサービスに合流すると、オヤツが出来上がっています。

上げ膳、据え膳で、しかも、完成度が高いのです。


恵まれ過ぎのように思いますが。。。。

これまでおやつ作りに関わること少なかった利用者が、オヤツ作りに関わることになったようなので、こんな展開もアリだと思います。

デイサービスの構成に変化があるのは、歓迎です。
変化があるほうが期待できます。


次男は、おいしいオヤツをいただいて、短いお昼寝をしていました。
満足顔で眠っていました。











2011/5/21 デイサービスその2-夏のオヤツの定番 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

いろいろな果物を切って、皮をむいて、サイダーを注げば出来上がり。
暑い日は特においしいです。














2011/5/21デイサービスその1 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

母は、作業所からデイサービスに行きました。


利用者と同じ昼食をいただきました。
海老フライ定食でした。
いつものように、とても美味しかったです。
調理員さんは、リタイヤされた調理師さんですから、本当にお店屋さんで食べているようです。
量も多くて、お腹いっぱいになりました。



次男が満腹で気持ちよくて短い昼寝をしていました。
次男はとても恵まれているなぁぁ。。。といつも思います。
ありがたいです。

黒いガチャピンをダッコして寝ています。
落ち着くのだと思います。














昼食の後、休憩をしたら、お掃除です。

みんな、えらいです。
おばさんは、満腹になったら、動きたくないです。

利用者を指導する指導員さんが大変です。

2011/5/7 デイサービス-フルーツポンチ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

フルーツポンチは、暑い日にピッタリのおやつです。

美術教室の始まる時刻が1時間遅くなったので、お掃除は、美術教室のまえに済ませているようです。

















プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR