FC2ブログ

明日はクリスマス・パーティー 「障害児と生きる日常(58952)」

明日はクリンもだん美術教室のクリスマス・パーティーがあります。
午後7:00からです。私は間に合いません。
次男は明日終業式を終えてからずっとサポーターのサポートしてもらってクリスマス・パーティーにもいっしょに参加してもらいます。
イロイロな家族が居るでしょうが、私達の場合は、サポーターがいないと生活も障害児の療育もまったく成り立ちません。
でもそうでなかったら私は次男を抱え込んでしまったかもしれません。
そうならなくてよかったです。

今日、クリスマス・パーティーに届けてもらうお菓子を注文しました。
クグロフというパン菓子です。
トップ・ページで紹介している「こさり」に注文しました。
電話で女性スタッフと話している時に、電話の向こうから”フンフンフン”という声が聞こえてきます。
私が「幸雄さんですか?」と訊くと「ナルちゃんです。」という答えが返ってきました。
ナルちゃんは自閉症の男性です。たぶん今は20歳代前半でしょうか。
かなり重度の自閉症者です。
そして立派なスタッフとして「こさり」で働いています。
何年か前に会ったきりなので今はお顔が変わったかもしれません。
ナルちゃんの”フンフンフン”が私に勇気をくれます。
自閉症でもいいです。
ちゃんとこんなに立派に仕事ができてスゴイと思いました。
きっと、次男も頑張れます。
困って泣いたりすることもあるかもしれないけれど、きっと道は拓けます。
次男くん、頑張ろうね。
大丈夫だよ。
クグロフってこういう感じです。

私も焼きたくなりました。
ホットケーキミクスをつかって手抜きクグロフ。
計量は苦手なのでしません。
目分量でマーガリンと砂糖と卵を2個入れました。
砕いたピーナッツをいれてピーナッツ・ククロフです。
型から出す時にちょっと破壊しちゃったけどごまかす、ごまかす。



次男はモグモグたくさん食べました。

2学期が終わります。先生方、有難うございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:明日はクリスマス・パーティー(12/21)

長女、卒業文集の原稿を昨日入稿したそうです。
将来の夢のコーナーに娘は「パン屋さんになりたい」と書いたそうです。
なんでかわからないけど、これはずっと前から口癖のように言ってます。
夢が叶ったら良いけれど・・・。

こちらで何度も紹介される「こさり」。
ホント、買いに行きたいです。
我が家からはちょっと遠いので時間をみつけていつの日か・・・。

Re[1]:明日はクリスマス・パーティー(12/21)

kukuminnさん
よろしくお願いいたします。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR