FC2ブログ

9.11 「ニュース(231452)」

アメリカ同時多発テロ事件が起こったのは、2001年のこと。
あれから6年が過ぎたのか。

その後、報復としてのイラク戦争へと続いた過程は、戦争は簡単に始まることを教えてくれた、

○存在しなかった大量破壊兵器。
○大儲けした石油会社とブッシュ一族。
○米国の専門家グループが9・11事件について「旅客機の燃料ではビルの鉄骨を溶かす融点に達するまでの熱が生じない」など多くの疑問点を提出していること。
日刊ベリタ 2006年03月20日掲載 無料記事
○保険金で大儲けしたビルの所有者はユダヤ系であること。

なにが真実なのか、わからぬまま。
わかったとしても、JFK事件のように、国益を損なう恐れのある事件の真相は人々の世代交代が完了するあたりまで、公開されることはないのだろう。


戦争を起こすことは容易いことなのだと覚えておかなくちゃ。
そのときに真っ先に抹殺されるのは、誰か。


ウィキペディアより
陰謀説
この事件には「アメリカ政府の自作自演である」、「ジョージ・W・ブッシュ個人とその一族がオサマ・ビンラディンと繋がっており共謀した」とする陰謀論が一部で盛り上がりを見せており、それらを支持する立場のジャーナリストや研究者による様々な著作も発刊されている。

この様な動きに対して、アメリカの報道機関においても「アメリカ国内で『陰謀説』が再燃の兆し」と報じられたこともあり[2](CNN)、またアメリカ国外でも日本、韓国、欧州などでこれらの説を紹介するテレビ番組が放送されたことがある。

ディック・チェイニー副大統領は「9.11とアルカイダの関係性を示す証拠を持っている」と公式に発言したが、2007年現在も未だにそれは提示されていない。また世論調査によっては「アメリカ政府が中東派兵の口実の為に、事件をサポートしたか、あるいは意図的に阻止しなかったと思う」との回答が、アメリカ国民の1/3以上に上っているものもある[3]。



コウノさんからのバトンです。

何も考えずに貼り付けて見ました、良かったらバトンをまわしてください。


[ムコ多糖症]  

ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、
      
体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。

重症の場合は成人前に死亡する。

今のところ有効な治療法が無いので、

骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

http://www.muconet.jp/

★この本文を 日記に貼り付けてください。


病人はつらいです。本人も周りも、大人になれないなんて・・・

そうですね。どんな病気もつらいです。
健康であって、明日を信じることができる今日があることを感謝しています。
Protea Mama



さをり織り-アトリエゆうハウス-わっはっはてん

2007クリンもだん美術展・シンポジウム

エイブル・アート(障がいのある人たちのアート)「仲間たち」展

クリンもだんパンフレット
クリンもだん美術教室、デイサービスは、地域活動支援センターに移行します。

ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。

ヒマラヤロックソルト
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。あくまでも、Protea Mama の体験です。(^_^)

アラビア石鹸
アラビア石鹸お徳用、入荷しました。

もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干を注文しました。
期せずして、梅干の注文をとりました。

アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり

今年もあります!!
ジャズメン、ジャズウイメンの心意気を感じてください。

チャリティージャズメッセ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR