FC2ブログ

犬が怖い~~ 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日は、ここにも行きました。

犬犬房ドッグマインド

ひとり500円 でベンチ、テーブルのあるスペースに入場できます。
大型、小型、いろいろな犬種がいてみんな人懐っこくてナデナデやダッコをしてもOKです。

時間は1時間ですが、混んでこないかぎり気にしなくて良いようです。

で、何で次男を連れて行ったかというと、

次男は犬が怖い  から。

予想していたとおり、可愛い小さい犬が次男を見つけて寄ってくると、
靴を脱いで、ベンチに飛び乗って、逃げていました。
手足の長~~い次男がベンチに立って怯えていました。
ちっちゃいワンコが「あそぼ~~。」とベンチの下から見上げていました。

ヤレヤレ。。。

ネコは以前に飼っていたので大丈夫なんですけどね。。。

6歳の次男と故たまちゃんです。
意訳
次男:たまちゃん、ぬくいねぇ~~
たま:そら、ぬくいわ。わし、猫ですやん。


どんなことでも、小さい時に経験させることが大事なんですね。
トホホ。

さをり織り-アトリエゆうハウス-わっはっはてん

エイブル・アート(障がいのある人たちのアート)「仲間たち」展

クリンもだんパンフレット
クリンもだん美術教室、デイサービスは、地域活動支援センターに移行します。

ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。

ヒマラヤロックソルト
単価が下がりましたご利用ください。(^^)

アラビア石鹸
アラビア石鹸お徳用、入荷しました。

もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干を注文しました。
期せずして、梅干の注文をとりました。

アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり

今年もあります!!
ジャズメン、ジャズウイメンの心意気を感じてください。

チャリティージャズメッセ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:犬が怖い~~(08/19)

次男さん、とっても可愛い顔してますねぇ。
猫とも仲良し(笑)

タクは2年前に妻の実家に帰った時
2匹いる猫と仲良しだったのですが
大人しかったお爺さん猫は2月に他界。
もう一匹はやんちゃざかりでタクの
ことも忘れて我が物顔なので今回帰省した時
タクは怖がって近寄りませんでした。
猫に向って『じゃーま!』『どいて!』
と叫ぶばかりです(泣)

Re[1]:犬が怖い~~(08/19)

superiocityさん
今朝、「また行く?、もう行かない?」と訊いたら、「行く。」と言ってニタリとしていました。怖いもの見たさでしょうか。(~_~;)

Re:犬が怖い~~(08/19)

くーにゃんも犬が苦手。というよりも動物が苦手なんです。でも、昔からそうだったかというと違います。小さな頃は、手綱を引いてる馬に乗せたりもできました。が、今では、到底無理です。

小さな頃から体験させてても、急に出来なくなるというのもあるみたいです。

Re[1]:犬が怖い~~(08/19)

ジェウニーさん

>小さな頃から体験させてても、急に出来なくなるというのもあるみたいです。

あら~~、ショックです。
次男も”ひき馬”をずいぶんさせましたが、もう何年もご無沙汰なのでアウト!になっているかもしれませんね。変化していくのですね。。。間口が狭くなる方向に変化していくのは悲しいなぁ。
こちらが変化しなくても、年齢が上がると、社会の方から「コレはダメ。参加できません。」と言われることがあるので、こちら側の変化は最小限に止まってほしいです。(-_-;)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR