FC2ブログ

広島小1女児殺害事件の容疑者逮捕 「障害児の親として(10946)」

亡くなった女児の冥福とご家族のお心が一日も早く静まることをお祈りします。
静まることなどないかもしれませんがそう祈るより他に思いつくことがありません。

容疑者が逮捕されたことで、周辺住民、ご家族のお心が少しだけ報われたのかもしれない。
けれども、容疑者がほとんど日本語を理解できないことを考えると、有能な通訳者がついているのだろうかと少し心配になる。
いつだったか、オーストラリアで日本人観光客が麻薬関連の事件で有罪になり、何年も服役させられた後帰国したことがあった。
彼らは無実であったらしい。
現地で用意されたオーストラリア人の通訳が余りにも力不足であったことは取調べの様子を映したビデオ・テープで明らかになった。
しかしそれは、刑期を終え帰国した後であった。

「きちんと、説明できなかった自分たちの落ち度です。」と本人達がインタビューに答えていたのを覚えている。
自分の落ち度だと反省するにはあまりにも代償が大きいと思った。

今度の事件もそんなことがあってはならない。
可愛い女児が殺害されたのだ。
犯人を憎まない者はいない。
だからこそスケープゴート(いけにえ)を作り出さないように気を配らなくてはならない。
この容疑者が犯人であった方が、私達世間一般の心情は納得できるのだが、「このペルー人が犯人にちがいない」と思うところから出発してはならない。
まずは有能な通訳を付けなければ。
日本語を十分には理解することが出来ない障害者の母はそう思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:広島小1女児殺害事件の容疑者逮捕(11/30)

通りすがりですが。とても大切な事ですね。通訳次第で重要な事が重要でなくなったり。弁護士も分別のある方が良いと思います。こういう事件がなくなりますよう祈ります。また女児のご冥福をお祈りすると同時にご家族のご心痛、ご心労に心よりお見舞い申し上げます。

でも、疑いは

失礼な書き方でしたら すみません。
 最初疑うのは、外国人。朝鮮人、中東アラブ人、東南アジア人。精神科の病人、アスペルガー、と 疑われます。でも、現実にそうです。私のところでも すぐに、
「外国人のしわざや。」と声があがりました。どうにも
ならないことでしょうか? 女児のご冥福をお祈りすると同時にご家族のご心痛、ご心労に心よりお見舞い申し上げます。

Re[1]:広島小1女児殺害事件の容疑者逮捕(11/30)

scm5151さん
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。お時間がありましたら、時々お越し下さい。

Re:でも、疑いは(11/30)

りきkkぱぱさん
>失礼な書き方でしたら すみません。
失礼かどうかは、ちょっと横へ置いといて。
現実はそうかもしれません。だから大抵の外国人は疑われないように気をつけて生活しているのかもしれません。
外国人、日本人を問わず、家族といっしょではなく、単身で住んでいる男性はまず最初に疑われるのだと思います。体の大きくなった知的障害者、自閉症者は家族と住んでいても気味悪がられて居ることでしょう。言葉が不自由、自分のことを説明する能力がないと言うことは、そういうことなのだということを忘れてはならないといつも思います。

Re[1]:でも、疑いは(11/30)

P.S
だからこそ、万が一のときには、10人の人に聞き取り調査をしたら、そのうち1人は、「あの人は自閉症ですよ。でも、まっとうな人よ」と言ってもらえるようにしたいですよね。20人に1人でもいいなぁ。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR