fc2ブログ

仲間つくり教室「手工芸」

本当に、受講できた。
コロナ禍は終息したわけではないけれど、用心しながら、2020年春以前の生活を取り戻したい。
先日の開講式は、じわっと感激した。
先生方の配慮に、開講式だけでウキウキ、トットッ と歩いて行く次男の後ろ姿に、嬉しくなった。
この世に、神仏がいるのか、いないのか、わからない。
会った事がないからね。
でも、いるんだよ。
小さな神仏が、先生方の中に居る。
私の中にも居るかもしれない。。。。たいてい、寝たふりしてるけど。




今日は、第一回目の受講。 「手工芸」
マジック
blog-2_2022050114124737d.jpeg
blog-1_202205011412464b5.jpg
マジックはるちゃんこと杉井治夫さん






杉井先生は、現職の頃から、支援教育一筋の先生。
次男は、抽象的概念を理解するのが難しい。
それでも、触って、聴いて、次男の世界が広がっていく。
親では考えつかないこと、親が苦手なことに挑戦させてもらえるのは、ありがたい。


親は、決して、障害のある子をかかえこんではならない。
共依存になってはいけない。
たくさんの人の手を知恵を、少しづつ頂いて良いのだ。




ずっと以前、私が31歳のころ、市教育センターで、次男の評価を受けた後、職員〔1、2年したら、学校に戻る予定の教員)が言った。

「かえって、こういう子は、よろしいですよ。
ずっと親のそばにいて、シモの世話もしてくれまっせ。」

彼は、この言葉を「障害児をもった親を慰める言葉」だと思っていたわけだ。
他の「障害児をもった親」にも言ったのだろうか。


今の私なら、どんな反応をするかな。
椅子を蹴り飛ばしてしまうかも。。。暴力的になっては損だから、思いとどまるかな。とどまりたいね。

親は、自分のシモの世話をさせるために、子を育てているのではない。

30年近く前のことを、未だに憶えているのか?執念深いねって??
これを忘れられる人は、子を持つべきじゃないと思うわ。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR