fc2ブログ

ご飯をぶちまけちゃった

夕飯のおかずは、赤魚のみりん干しー半身、高野豆腐とグリーンピースとニンジンの煮物。
ご飯はレンジでチン!
次男が、レンジからご飯を入れた容器を取り出そうとした時、

ガチャン!

音がして、次男が

「わあぁぁぁぁわぁぁぁぁ。」😩と声を挙げた。


ご飯粒がキッチンの床に盛大に広がった。
レンジは、目の高さに置いてある。
その高さから容器が転げ落ちたので、ご飯が広い範囲に広がったのだ。

次男は、動揺して

「わぁぁぁぁ。。。ごめんなさいぃぃぃ。。」😩

と言いながら、熱いご飯粒を拾い上げている。

大きい声で、“次男くん、ご飯粒が熱いよ。触っちゃダメ!“ と言いたいところだけど、
次男を落ち着かせたいので、低い声で、ゆっくりした速度で、

「だいじょうぶだよ。次男くん。こういう時のために、“さとうのご飯“ があるよ。」

と言った。





非常食として、カンパン、さとうのご飯 を置いてある。

「次男くん、落ちたご飯は捨てていいよ。だいじょうぶ。だいじょうぶ。」

私は、次男の気持ちをこちらに引きつけるために、レバーをいっぱいに上げて、蛇口から水を音を立てて出した。
水が盛大に跳ねて周囲をドンドン濡らしていく。

「次男くん、手を濡らしてごらん」

「うわーぁぁぁ。。」😩次男は動揺したまま声を出しながら手を流水にさらした。

しばらくして、次男は落ち着いた。
レバーを下げて、水の流れを止めた。
次男の顔は、悲しそうだ。
ショックはそのまま残っている。

あとは、ふたりで、ゆっくりとした動作でご飯粒を拾い、掃除機で吸い取った。
急がしてはいけない。
「早く、かたずけなさい!!」とか、言わない。
10分早く片付け作業が終わっても、10分遅く終わっても、それに大した違いはない。

次男から、時々、「ああ。。ああ。。」と声が漏れる。
まだ、動揺は続いている。

敷物からご飯粒を払い落として、洗濯機に放り込んだ。
あとは、洗濯機が仕事をしてくれる。

“さとうのご飯“ は美味しくチンできた。
赤魚も高野豆腐も、美味しかった。

次男は、失敗した!!  と思って、大ショックだったのだろう。
でも、これくらい、なんでもないよ。🤗
これまでも、これからも、何でもないことだよ。

だいじょうぶ。
大したことではない。

次男は夕飯の後、入浴して、8:00 に寝室に引き上げた。
動揺を引きずっているのか。

先日、”拾い物をコレクションしてはいけません。” と注意されて、気持ちを処理できなくて、夜中に洗濯していたので、今夜はどうかなぁ。。。

私は居間で、本を読みながら、夜中まで起きていた。
次男は、スピーッ  スピーッ と寝息をたてていた。
次男は忍者のように、私が眠ってから起きる時がある。
起きられないくらい深く眠ってほしい。

今回は、大丈夫みたい。。。。と思ってから、ベッドに入った。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR