FC2ブログ

ドキュメンタリー映画『僕が跳びはねる理由』

4月2日は世界自閉症啓発デー だったのか。

気がついてなかった。
毎朝、アレクサに、「今日のニュース」 と 「コロナウィルスの感染者数」 を訊ねているのに。


自閉症の人は、どんなふうにものごとを感じ、何に困難を覚えるのか。
自閉症の作家、東田直樹さん(28)が、自らの言葉でつづり、世界30カ国以上で翻訳・出版されたエッセー本「自閉症の僕が跳びはねる理由」を原作にしたドキュメンタリー映画が、あす公開される。。



という4/1 の記事に、気がついた。

「僕はすべての自閉症者が自分と同じように思っているとは、考えていません。それでも僕の言葉を話すことで、自閉症者が何を考えているのかを想像してもらえることが、できるのではないでしょうか。人に関心を持つということは、その人の生き方に注目しているということです」。東田さんはそんな思いで、日々、発信を続けている。 

 自閉症は、脳神経系の発達の障害で、会話や感情の共有が難しい。特定のものごとに強くこだわる場合があり、予期せぬことが起こるとパニックになることも。特性の表れ方や不得意なことは人により違いがある。2013年からは、米国精神医学会の基準改訂で診断名が自閉症スペクトラム障害(ASD)になった。

 映画では、東田さんの著書にある心の声をナレーションにして、インド、イギリス、アメリカ、シエラレオネに暮らすASDの若者5人の日常を追う。






すべての自閉症者が同じではないけれど、このドキュメンタリー映画は、大いに参考になる。
見に行きたいけど、行かない。

昨年からずっと、映画館に行っていない。
悲しい。

残念だけど、東京オリンピック・パラリンピックも、中止してほしい。。。と思っている

聖火リレーを止められると正直、困るんだよね。スポンサーの関係もあるし、オリンピックの盛り上がりに水を差すという観点からも。大阪の聖火リレー中止がきっかけでオリンピック中止論が大きくなる可能性もある。



いや、いや、おい、おい。(´・_・`)

オリンピックを目指して頑張ってきたアスリート、彼らを支えてきた家族、友人、スポンサーを思うと胸が痛いけれど。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR