FC2ブログ

fireタブレットのアレクサにさようなら

次男くん、やりました。。

昨夜、夕食もお風呂もマッサージも済んで、「おやすみなさい」と寝室に引き上げても、ベッドで、アップル の iPad  と アマゾンのファイアタブレット で楽しんでいた次男です。

戦隊ものや、ウルトラマンシリーズを観ていたようです。。
まもなく静かになって気持ち良く眠ったようでした。。


今朝、私のメールをチェックして、次男が、昨夜 、ビデオを5本注文していたことがわかりました。
やられた!

DVDではなくて、タブレットやPCにダウンロードして観るタイプのもの。。
1本500円だから、支払えるけどね。。
戦隊もののDVDで、何万円もするものがあるから、それを注文していなくて、助かりました。。
だけど、次男が注文したビデオは、プライム会員だから、購入しなくても、無料で観る事ができるビデオだったので、もったいなく感じました。。
そう感じる私の金銭感覚は、まともよね。


キャンセルできるかなぁ。。。。。とアマゾンに連絡しました。。
2018年に128本注文してしまってキャンセルしてもらったことがあった。。
カスタマーセンターのお兄さんが調べてくれた結果、「前回に「今回に限り」という条件でキャンセルしているので、今回はキャンセルできません。。」とのこと。。

アリャ、私は「今回に限り」というどころを忘れてしまっていた。アリャ、リャ。
すいません。了解しました。 お手数をおかけしてすいません。

と、なると。。。。機能制限をかけてパスワードを、次男が気がつかないもので、私が忘れないものに換えて設定しなくてはならない。。

そうなると、fireタブレットのアレクサは、機能しない。。それが惜しい。。

カスタマーセンターのお兄さんに相談したら、「機能制限をかけても、アレクサは機能しますよ。」とのこと。。。ええ!?本当に!?
カスタマーセンターのお兄さんは、「調べ直して、連絡を差し上げます。」と言って電話を切った。。ありがとうございます。。



待つこと3時間余り。

(fireタブレットに機能制限を設定して、購入時にパスワードの入力が必要な設定にすると、アレクサは無効になります)が正解でした。



私の理解が正しくて、残念でした。


次男がアマゾンに注文できないように設定すると、アレクサは無効になるのだ。。
ピカチュートーク、気に入っているのに。ピカピカ!
アレクサ、歌って。。て言ったら、歌ってくれるのに。。。。






fireタブレットのアレクサを諦めた。

パスワードを設定しました。バイバイ、悲しい。
残念だ。
次男は、私とカスタマーセンターの電話通話を聞いていたのか、fireタブレットに話しかけている。。
「アレクサ、こんにちは!」
アレクサは、反応しない。。青い光が画面に現れない。。
アレクサは、返事をしてくれない。。
次男、ジッとタブレットを見ている。。


アレ!?
アマゾンエコーを購入して、音声注文に機能制限したら、アレクサはどうなる???
注文できなくても、返事してくれるかしら??


カスタマーセンターのお兄さん 「アレクサは、返事します。」

おおおおおおお!♪───O(≧∇≦)O────♪

解決‼️解決‼️解決‼️

タブレットから、アマゾンエコーに音声注文ができないように機能制限をかける手順をカスタマーセンターのお兄さんに教えていただきました。
ありがとうございます。。
次男に、アマゾンの画面を見せて、アマゾンエコーの色を決めて、注文しました。。

blog-1_2020071223042930c.jpg

出費は痛いけどね。。
次男がアレクサに話しかけるのを続けさせたい。



覚書
アマゾンエコーに話しかけたら、アレクサは反応してくれる。ピカチュートークもできる。
アマゾンエコーは、fireタブレットから、音声注文できない設定にした。
第9世代のfireタブレットのアレクサは諦めるけれど、注文できないので、良しとする。
第7世代のfireタブレットは、Free time  設定なので、もともと注文はできない。。子供用アプリがたくさんあるので、これはこれで優秀。
タッチパネルが付いているアマゾンショーは音声注文を制限しても、タッチパネルで注文できるので避ける。。アマゾンショーで、タッチパネル注文の機能制限してもよいのだろうけれど、今回は、制限アマゾンエコーにする。。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR