FC2ブログ

離れて居ることの幸福

次男は、5:00にはすでに目が覚めているようです。
「起きてください。」と、廊下から声をかけられます。
5:00までは遠慮しているのかも。


緑が濃いウォーキングコースで、いっぱいの汗をかいて、

blog-1_202006230820411fb.jpeg


午後は、ヘンチクリンな次男が居ても良いと言って下さる教室で、120分間も途切れることなく気持ちを集中して、

blog-2_20200623082043ce2.jpeg

午前と午後でまったく別のエネルギーの出し方をして、それがとても気持ち良さそうで、満足そうです。

夕方にはネットサーフィンしています。
PC1台、ipad2台、kindle fire2台 を使います。
テレビもつけています。

デビッド・ボウイ主演映画「地球に落ちてきた男」の一場面みたいだよ。。。そんなにイッパイ稼働させても、次男に届く情報は何千分の一だよ。
それに、私にとってはとりとめがなさすぎて、ちょっと苦痛です。
長男だったら、ちょっとではなくて、ものすごく苦痛に感じるだろう。
もし、長男がいたら、片っ端から機器をオフにしていくでしょう。
で、つかみ合いになるな。

長男の家では、PCのモニターを複数台置いて、タワーのようになっているのだろう。
誰でも、自分が好きな空間にドップリと浸かるのは気持ちが良い。
でも他の人が好む空間に自分が居合わせたら、気持ちわるい、我慢できない。

長男と次男は、いっしょに暮らせない。
ふたりは成人しているので、いっしょに暮らせないことが残念なわけじゃないから、いいんだけど。

家族仲良くいっしょに暮らす。。。。は、成り立たない。


20131210211752.jpg


誰でも、川のように流れる情報の一部分にしか気づかない。
情報量と取得可能な情報量の比率は人によって様々で、情報内容もそれぞれで、情報を入れる「情報の小箱」の数もそれぞれだ。

自閉症である次男は、膨大な数の「情報の小箱」を持っているのかもしれない。
そのほとんどを、取り出さないままで、ただ持っているのが自閉症なのかもしれない。
膨大な数の色とりどりの「情報の小箱」のコレクションがドンドン増えていく。


次男はおっさん年齢になったけれど、まだまだタフで、次男が満足に感じる一日にするためには、週日も週末も適切な場所と設定が必要だ。
相当量の体力エネルギーと知的エネルギーを消費しないと、心安らかに眠れない。




先に長男が独立してくれて、次男も、私も一人になる空間と時間がある生活スタイルを得ることができて、よかったです。
そうでなかったら、長男にも、次男にも我慢できなかったと思います。
悲惨なことになっていたと思います。
壁に穴が空いたり、血が飛び散っていたかも。



私達は、その時は、気づかなかったけれど、危機をギリギリで回避できたのだと思います。
それができたのは、良い時期に、良い人達と巡り合ってきたからです。
それとは気が付かないでね。

本当に幸運で、ありがたいことです。



スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR