FC2ブログ

戻りました

今朝、7時にキッチンに行った。
日曜日に7時まで寝ていることが出来るなんて、なんとありがたいことか。
炊飯器の表示を見ると、炊きあがってから7時間が経過していた。。
なんでやねん!

次男が夜中の0時に起きて、炊飯器のタイマーを解除して、炊飯のスイッチを押したのだ。。
予約炊飯タイマーが信用できなくて。


次男の 自閉度 が、戻ったのだ。ああ。。( ノД`)
ここ1ヶ月間くらいは、次男が少し鷹揚になったかもしれない。。と期待して居たのだけれど。
また元に戻ったようだ。。


10年以上前のこと、まだ夜明け前、4:55にガチャ!と音がしたら、私は“しまった!!!!!!”と、跳び起きていた。。
それは、次男が玄関ドアを開けた音で、4:45に起きた次男がジャージに着替えて防寒着を重ね着してウォーキングに出かけた音なのだ。

夜の4:55は、夜だ。
夜明けは、7:03くらいだから、4:55は、真っ暗な夜なのだ。
私は、慌てて、着替えて次男の後を追う。
追うけれど、一度も次男の後ろ姿を見つけたことがなかった。

ゼイゼイ息を切らしながら、次男が歩くコースを 早足でたどって家まで帰ると、次男が鼻歌を歌いながらシャワーを浴びていた。
“無事に帰っていたあぁ。。。。”と、腰砕けになった。。


次男は、あの頃、ウォーキングで何を消化していたのだろう。
言葉の乏しい次男には説明できない想いを抱えていたのだろうか。
高校(当時は、大阪市立の養護学校高等部 という名称だった。)を卒業してから4年間くらい、そういう時代があった。

今日は、次男が帰ってこないかもしれない。。
次男は、どこかへ消えてしまって二度と帰らないかもしれない。。。。。という妄想なのか、思い込みなのか、そういう想いがあった。。


そんな時代があったくらいだから、今は楽だよ。。
夜中に炊飯器がポコポコご飯を炊いていてもね。

真っ暗なお堀の周りを次男が独りで歩いているわけじゃないもの。
安全だ。
私は、次男が、車道に跳び出すのではないか。。。という妄想に追いかけられることはない。

次男の自閉度は、まだまだ安定しないで、キューンと高くなったり、妙に低かったりと、変化を重ねるのだろうな。。
あまり期待しないで、でも諦めないで、次男がより暮らしやすくなる日を待とう。
きっとそういう日が来る。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR