FC2ブログ

京都国際マンガミュージアム

今日のコースは、
レトロな洋館が点在する三条通りを歩いて、京都文化博物館

blog-1_20190909200920bef.jpg

キモカワ×日本美術 “Kawaii” Japan と題するコーナーに、若冲のゾウを展示してあって、キモカワと言ってしまうのは、かわいそうだと思った。

キモくないよ。かわいいゾウですよ。

伊藤若冲《象図》寛政2年(1790)
東京富士美術館所蔵


nippn021.jpg




次男は、「もっとどようくらぶ」で、以前にも行っているけれど、私もずっと行きたかった京都国際マンガミュージアム
「竹宮 惠子 カレイドスコープ 」の最終日だから。
私と同年代のおばさん達がいっぱいいました。  (。-_-。)

blog-2_20190909200922d9f.jpg

blog-3_20190909200923060.jpeg

blog-4_20190909200924b13.jpeg


昭和初期建造の小学校を利用しているので、階段、教室、講堂が小さい規模です。
階段やホールにモザイク模様が施してあって、京都の街中の豊かさを感じさせます。

大人も、子どもも、来館者は思い思いの場所で、マンガを立ち読み、座り読みできます。
何時間でもいられます。

次男は、各展示室を回って、次々とマンガ本を本棚から取り出して、パラパラと見て、また次々と取り出して、パラパラして、嬉しそうでした。
本屋さんの売り物のマンガ本は、みんなビニール包装してあるので、パラパラ見ることができませんものね。
なんでも、ダ~~ッ!!!とたくさん並んでいる様子が好きな次男ですから、とっても嬉しそうでした。

タップリ楽しんだ後に、マンガミュージアムを出て、定食屋さんで遅い昼食をたべました。
それから本能寺まで歩きました。


blog-5_201909092009261ab.jpeg

blog-6_201909092009288a5.jpeg

光秀が信長を襲撃した本能寺は、「京都市中京区元本能寺南町」

現在の本能寺は、「京都市中京区寺町通御池下ル」
別の場所です。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR