FC2ブログ

建仁寺-両足院-初夏特別拝観-半夏生

今日が最終日でした。
半夏生(ハンゲショウ)が美しくお庭に映えてました。

2019-07-07_11-25-55_274.jpeg

2019-07-07_11-33-05_656.jpeg

2019-07-07_11-38-56_982.jpeg

2019-07-07_11-39-10_058.jpeg

2019-07-07_11-32-44_597.jpeg

祇園四条界隈をタップリ歩きました。
観光客が多すぎる花見小路を避けて歩きました。

インバウンドは必要。
日本の人口、京都の人口が減っていくのだから、観光客にお金を落としてもらわなくちゃ、経済が成り立たない。。。
わかっちゃいるが、ちょっとシンドい。。。と京都の本当の住人さん達は思っておられることだろう。
私たちも観光客の中の二人です。
すみません。
あまり大きな顔をしないで、コソッと地味に楽しんで歩きましょう。。。と心がけています。

お昼ご飯に、次男は「鴨付け汁蕎麦」注文した。
美味しそうに食べた。
大盛りにしてもらったけれど、アッと言う間になくなった。
あの蕎麦はどこへ消えたのだ?

私は、「カニうどん」を注文した。
お汁があんかけになっていて、ボリュームがあって、美味しかった。





帰路の特急電車で、次男が二十代??三十代? と思われる女性の隣に座ったら、露骨にイヤな顔をされてしまった。
知的障害者だとわかったからだろう。
なるべく二人掛けの椅子であれば、私が次男の横に座ろうと決めているのだけれど、次男が空席を見つけて座ってしまったのだ。

次男に、「座らないで、立って。」と声をかけても、納得しないと思ったので、補助席が使える区間になってから、補助席を確保してから、次男に「こっちにおいで。」と手を掴んで移動させるようとした。

眠くなりかけていた次男が、「ビックリした。」と言いながら、素直に移動してくれた。

よかった。


次男が嫌われるのは、しかたないさ。
次男の様子がミョウチクリンに見えるのだから。

障害者の次男が嫌われて、とても理不尽なことされたら、キレるとして、大抵のときは、腰を低くしてやり過ごそう。

私だって、知らない自閉症、知的障害者が隣に座ったら、当たらず、触らずにするもの。
「彼」「彼女」の地雷原がどこにあるのか、快点がどこにあるのか、全くしらないわけだから。

露骨なイヤな顔はしないけどさ。



2019-07-07_14-44-46_626.jpeg

2019-07-07_14-45-32_055.jpeg


2019-07-07_14-45-49_054.jpeg


2019-07-07_14-46-28_222.jpeg


京都 恵比寿神社の鳥居にかけてある宝籠にお賽銭を投げてきました。

今日も、次男は一投目でチャリンと音を立てて乗っかりました。
次男くん、上手です。
きっと、これで、またしばらくは、次男に必要なお金が準備されるよね。
勝手にそう思っておこう。


お母さんも諦めないで何投目かで、乗っかりましたよ。
必死になって、汗かきました。
お母さんも、がんばりますよ。


vol18_02.jpg


ebisu.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR