FC2ブログ

フレディ・マーキュリーア・ライフ、イン・ヒズ・オウン・ワーズ

フレディ・マーキュリーア・ライフ、イン・ヒズ・オウン・ワーズ 単行本 – 2007/3/1

41AGOHgfOoL__SX354_BO1,204,203,200_


英国では、06年9月にベスト盤CD、生涯をたどるドキュメンタリーDVDと共に、「読むフレディ・マーキュリー」として、同じイラスト/装丁で発売された。

フレディマーキュリーがクイーンの一員として活躍した20年間の彼自身の語録 を項目別にまとめたもの。
レビューがとても良いので、ぜひ読んでみたいのだけれど、残念ながら、現在は廃刊で、オークションで50000の値段がついている。
とても買えないので、ダメ元で、kindle 英語版を買いました。
途中で討ち死にしたら、それもよし。。

Freddie Mercury: His Life in His Own Words (English Edition) Kindle版 1462円

41UW2q54lIL.jpg

kindle だから、もう少し安くしてほしかった。
全部で20章。
インタビューの時期を書いてない。
いつ言ったことなのか、わからない。
時期によっては、彼の考えがかわっているとレビューにもあった。







拾い読みの覚書
私は、この本をしっかりと読んで理解することができません。
無理せず、読めるところだけ読んでいきましょ。

11章 いろいろな歌手について書いてあって
ジョージ マイケル と アレサ フランクリン が デュエットしたことについて、

I'm mad that Geoge Michael did a duet with her. I could have done it better!
Mind you, having said that I think George Michael has a very good voice, too.
He's one of the singers that I like.


調べてみたら、

Wikipedia より
「愛のおとずれ」(原題:I Knew You Were Waiting (For Me))は、アメリカ合衆国の歌手アレサ・フランクリンが、イギリスの歌手ジョージ・マイケルとのデュエット・ソングとして1986年に発表した楽曲。1987年にはシングル・カットされた。

アメリカではBillboard Hot 100で1位を獲得し、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートで2位、R&B/ヒップホップ・チャートでは5位を記録した[2]。フランクリンがBillboard Hot 100で1位を獲得するのは、「リスペクト」以来20年振りのことであった[2]。フランクリンとマイケルは、この曲でグラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞(デュオまたはグループ)を受賞した[2]。

また、本作は全英シングルチャートでも1位を獲得。フランクリンにとっては初の1位獲得で[3]、マイケルにとってはソロ名義では3度目の1位獲得となった[12]。オランダのシングル・チャートでは2週連続で1位となり、フランクリンにとって「スパニッシュ・ハーレム」(1971年)以来の1位獲得を果たした[4]。





"""ああああああ!!!!先にやられたぁぁ~~~~!!"""""  と, ジタンダ踏んだのかな。

フレディとモンセラート・カバリェ のアルバムは、1988年だから。



世界的なソプラノ歌手モンセラート・カバリエさん死去 85歳
スポンサーサイト



テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR