FC2ブログ

ビデオ128本

次男は今朝も機嫌よく出かけて行った。
少し寒い朝だった。

次男は綿のネービーブルーのパーカーを着て、もうひとつビニール製で風を通さないパーカーをリュックに押し込んだ。
次男なんりに、”帰宅時は、寒いかもしれない。” と考えたのだ。


次男は知的障害がある。
わからないことが多い。
本人も、それを自覚していると思う。
自分を迂回して世の中が進んでいくことを知っていると思う。

持てる能力をフルに使って、偉いなぁ。。。と親バカ視線で見て、胸が熱くなった。
次男の背中を見送って、”ああ、全部キャンセルしてしまわなくても良かったんだ。” と気がついた。
あとの祭りだけど。

----

土曜日の朝、7:00にメールを確認して、驚いた!!

「ご注文のご確認」 というメールが受信ボックスいっぱいにある。

え!!なんで!?

受信ボックスいっぱいで25通。
それが何ページもある。

え1え!え!

4ページ以上。100通以上!!!

1通を開けてみた。
「ミッキーマウス クラブハウス」 500円
「プルートと子犬」500円

ええ!!!これが100通ある!?昨夜の21:31 に注文している。

次男に、「次男くん、昨日、ミッキーマウスのビデオを注文した?」 と訊いてみた。

「はい!」







”うわぁぁぁぁぁ。。。。。油断した。次男がそんなことできるとは思っていなかった。”  と声に出さないで言った。

「次男くん、お母さん言わないで買ったら、ダメよ。」 と言ってみた。

次男は、「ごめんなさい。」と返事した。

いや、これは、私が悪い。
無料でダウンロードできるものをたくさん入れているから、次男は満足しているだろうと思っていたのだが、うかつだった。

次男は同じものを見てあきてしまったのかもしれない。
もっと、頻繁に入れ替えてやればよかった。



いや、反省するのは後にしよう。
キャンセルできるか、問い合わせてみよう。



------


結果は、キャンセルできました。
カスタマーセンターに電話連絡することができて、ちっともイヤな様子ではなくて、親切に対応してくださいました。
ありがとうございました。
次男は128本のビデオを注文していました。
デジタルなので、ダウンロードが終わっているものもあったかもしれません。
確かめるまえに、カスタマーセンターに連絡したので、詳細はわかりません。

私の受信ボックスに128通の「返金のご連絡」というメールが届きました。
ほっとしてから、いくつかを見てみました。

ディズニーは500円。400円
ターボレンジャー、ファイブマン等、戦隊ものが108円

実年齢では、とっくに成人している次男だけど、注文しているビデオは、幼稚園生が見るくらいかな。
今の小学生は、醒めているから戦隊ものなんて見ないのだろうな。

胸がキュー~~と音を立てそう。

ディズニーの500円、400円 という価格をみて、100本以上が全部500円かと思って、慌ててしまった。
カスタマーセンターが、「全部キャンセルしますね。」と言ってくれたとき、「ありがとうございます。よろしくおねがいします。」と言ってしまったが、いくつか、残してやればよかったんだ。

かわいそうなことをした。
涙がこぼれた。



スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

一旦キャンセルして、あらためて次男さんと一緒に相談しながら
何本か買うのはどうでしょうか。

これから買うときはお母さんに言ってねの練習にもなりますね。

どうぞかわいそうと思ったり涙したりしないでください。
でもお気持ち、わかります。

Re: タイトルなし

次男は、クリックした時、「買った!」と思ったのかな。
「やった!買った!」と喜んだのかな。


そう思ったら、ホロホロと、落ちてきて、止まりません。


プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR