FC2ブログ

本棚

 先日、組み立て式の本棚を注文しました。
次男とふたりで組み立てました。
私ひとりでも組み立てることができる簡単なものですが、次男とふたりで作業すると、次男がハリキルので、その様子を見るのが楽しいです。

2台の本棚を組み立てた後、次男が部屋中に散らかっている本を集めて本棚に入れてくれました。
次男は、こういう作業がとても好きなようです。


いや、いや、散らかっているのが苦痛だったのに、”散らかってるから、本棚を買って!!!”を言えなくて、耐えていたのかな?
たちまち本棚のスペースが埋めてくれました。

2018-08-12_19-19-20_101.jpeg


山本周五郎も、ウエストールも、宇江佐真理も、葉室麟も、中村文則も、一緒くたなんだけどね。
お母さんは、散らかっていても、作者別に置いていたんだけどね。

ごめん。
自分で並び替えます。


で、まだ、まだ、次男が本をあっち動かし、こっち動かししているので、”まだ、本棚が欲しいのかな?” と思って同じ本棚を追加注文しておいた。


それが今日届いて、また次男がハリキッテ組み立ててくれました。
本棚を部材から加工するわけではなく、受け取った素人の客が自分で組み立てることができるように製作してある本棚を、組み立てるくらいでナニを嬉しがるのか。。。。と思うでしょう。

成人男性なら、あたりまえにできることでしょ!  と思うでしょう。

あたりまえではないのです。
成人男性ならば、あたりまえにできること、あたりまえに理解できることが、「この人には生涯できない。」という判定を受け取ったので、障害者手帳をもっているわけです。

で、できることを探して、挑んで、暮らしているのです。
だから、”ああ、次男くん、よくできたねぇ。ありがとう。助かったよ。” と毎日言ってやりたい。ほめてやりたいのです。
できれば、生涯にわたって、言い続けてやりたいです。
そうはいかないけど。

ごく普通に考えたら、私は次男が50歳あたりで死ぬことになる。
そのあとは、誰かが次男を褒めてやってくれるだろうか。
そうしてやってほしいと願っているのだが。

2018-08-15_11-16-32_950.jpeg

2018-08-15_11-17-01_817.jpeg

2018-08-15_11-32-24_973.jpeg

2018-08-15_11-32-46_290.jpeg

で、褒めた記録をここに記録しているのです。

いつか、”こんな様子で生活してきたのですよ。”と説明するために。
見せられた人は、”やだなぁ。。。困ったなぁ。。(´・_・`) ” と思うのだろうなぁ。

2018-08-15_16-23-02_562.jpeg

2018-08-15_16-23-11_425.jpeg

次男は、写真立てが、前後にたくさん並べてあったのも苦痛だったようです。
重ならないように、1枚、1枚をキチンと見えるように並べていました。

ごめん。
いろいろ、ごめん。



スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR