FC2ブログ

米スーパー店員の一言で…自閉症の少年に起きた“小さな奇跡”

私は、次男に職場と生活の場所が与えられていることを、とても感謝しています。
次男は、とても幸運だと思います。
たくさんの人に幸運があってほしいです。



8/9(木) 9:26配信
 スーパーの男性店員の“小さな親切”が大きな反響を呼び、話題になっている。

 米ルイジアナ州の地元テレビ局WBXH(8月2日付電子版)などによると、同州バトンルージュのスーパー「ラウジズ・マーケット」で働くジョーダン・テイラーさん(20=写真左)が7月29日に、店の冷蔵陳列棚にオレンジジュースのボトルを並べていた時のこと。1人の少年がジョーダンさんの棚入れ作業を魅入られたように見つめ始めた。

「ん? 飲みたいのか? 1本、ごちそうしようか?」と声をかけたが、何の反応もない。ひょっとして、ジュースを並べる作業自体に興味があるのか。そう思いついたジョーダンさんが「俺と一緒に並べるかい?」と声をかけると、少年は満面の笑みを浮かべてジュースを並べ始めた。

 この少年はジャック・ライアン君(17=同右)。一緒に来店していた父親によると、彼は極度の「自閉症」で、1人で外出するのが困難だという。まして2人で棚入れ作業するのは奇跡に近い。

 目前の出来事に衝撃を受けた父親は、この様子をスマホで撮影。ジャック君の姉で、特別支援学校の教師であるデラニーさんが、その動画をフェイスブックで公開した。

 デラニーさんは投稿で次のように書いている。

「ジョーダンさんは弟を無視することもできました。適当な口実で、手伝いを拒否することだってできたのに、弟に作業を手伝わせてくれ、私たち家族が一生忘れられないひと時をくださいました。他の人には何でもないことのように見えるかもしれません。でも動画で父が『今、奇跡が起きているぞ……』とつぶやいているのが聞こえると思います」

 投稿と同時に、ジョーダンさんが数学が得意で、将来、教師になることを夢見ていることを知ったデラニーさんは、クラウドファンディング「GoFundMe」に「ジョーダンさんをラウジズから大学に行かせてあげよう」というサイトを7月30日に立ち上げた。

 フェイスブックの投稿が強い共感を呼んで急拡散し、複数のメディアが取り上げたこともあって、世界中から寄付が殺到。8月8日現在、約12万2000ドル(約1360万円)もの寄付が集まっている。

 一方、ラウジズ・マーケットの経営者がフェイスブックの投稿を見て、ジャック君の家に連絡。

「よかったら、ジャック君をウチで働かせてみないか。最初は1日に1、2時間やってみるといい。楽しくやれそうなら、続ければいいんだ」と提案しているという。



ジャック・ライアン君、商品を棚に並べることを仕事に出来たら、いいですね。

ジョーダンさんが、大学に進学できて、教師になれたらいいですね。
きっと、素晴らしい教師になられるでしょう。


Boy-Autism-Helps-Stock-Shelves-Grocery-Store.jpg

Screen-Shot-2018-08-08-at-11_18_13-AM.png


次男も、お店の棚を見るのが好きです。
今も好きだと思いますが、幼いころは、魅せられたように見つめていました。
そして、そっと、お菓子やカップラーメンの容器の柄が同じ方向を向くように、並びなおしていることがよくありました。
飲料は、冷蔵庫に入っているので、次男が並びなおしたいように察しがついても、させませんでした。
冷蔵庫のドアを開けると、庫内の温度が上がるので、買うために開ける以外は、開けさせるべきではないので、次男を促してお店をでました。




Viral Louisiana supermarket employee who let autistic customer stock shelves gets $100G for college

A supermarket employee in Louisiana who went viral for letting a young customer with autism help him stock the store shelves has now been gifted $100,000 for college tuition.





When Jordan Taylor, who works at Rouses Market in Baton Rouge, noticed Jack Ryan watching him refill the coolers, he offered to show him what do.





In a video taken by Jack Ryan's dad and shared on Facebook by his sister, Delaney Edwards Alwosaibi, Jack Ryan and Taylor can be seen working together to put milk and juice on the shelves.

“Talk about a stand-up young man!!!!” Alwosaibi wrote about Taylor. “We all know autism makes going out difficult, and sometimes grocery stores can be a challenge. This young man took the time to slow down and allow Jack Ryan to help for over 30 minutes, guiding him as he finished his task.”

Alwosaibi and everyone who saw the video were so impressed by what Taylor did, they decided to start a GoFundMe page Wednesday to help raise money to send him to college. Taylor told Alwosaibi he loves math and might want to be a teacher someday.



The campaign originally had a goal of $10,000, but after receiving an overwhelming amount of donations, the goal was increased to $100,000, which it had reached as of Friday afternoon.

“He could have ignored him. He could have made an excuse and said he couldn’t allow him to help. Instead, he let him have his moment and in turn gave my family a moment we will never forget,” Alwosaibi wrote.

“It might seem like nothing to others, but as you can hear my dad say in the video, [‘I’m watching a miracle in action’].”



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR