FC2ブログ

鹿園-子鹿公開-興福寺-中金堂勧進

2018/6/17----

6月は、奈良公園の鹿園で子鹿を公開しています。
本当に小さくて可愛いです。

奈良公園には雌鹿が約700頭生息し、毎年5月中旬から7月頃まで赤ちゃん鹿が誕生するシーズンを迎えます。人と鹿とのトラブル防止策として、毎年4月から妊娠しているお母さん鹿を「鹿苑」に保護し(約200頭)、赤ちゃん鹿がお母さん鹿と一緒に行動できるようになる7月中旬までの期間中に、特別イベント「子鹿公開」を開催し、可愛らしい子鹿を公開しています。



駅から鹿園に歩いていきます。
ちょうどよい距離です。
道々にも、たくさんの鹿がいます。
次男もビビリながら鹿せんべいをあげます。
鹿の目は優しいね。

次男は、ヨークシャテリアとか、チワワとか、小さな犬でも、大きく迂回して避けるほど苦手です。
鹿は小型犬よりも随分大きいのに、近くによっても大丈夫なのはナゼかな?
鹿はムダにキャンキャン吠えないから良いのかな?


2018-06-17_11-45-32_573.jpeg

blog-1-2_201806171936294e8.jpeg

鹿園の入場料は300円です。
眺めているだけでも良いし、紙コップに入ったエサを買って、ポイ!ポイ!と鹿達に投げても良いのです。

blog-2-1.jpeg

次男の買ったエサに「当たり!」の券が入っていました。
ステッカーをいただきました。

次男は、「アッタリ!」と声に出して、嬉しそうでした。
次男が素直に嬉しそうな顔をするので、係のお姉さんもニッコリ!!
私も嬉しい。
次男て、イイコだな。

blog-2-2.jpeg


妊娠中の母鹿に、栄養タップリのドングリを上げることができます。
ドングリは、冷たいです。
低温保存されているようです。

blog-3_20180617193633251.jpeg

鹿はボリボリボリ。。。と、大きな音を立ててドングリを食べます。
興福寺国宝館で阿修羅像その他を鑑賞しました。
当時の少年のお顔なんだろうな。。。と思う。
亡くなった皇子のお顔なのだろう。

ミュージアムショップで、次男の干支の梵字蒔絵ステッカーを買って、次男の携帯電話の裏側に貼りました。
お守りになったら、いいなぁ。。

中金堂の勧進をしていました。
10月に落慶するそうです。

鹿園で、次男にステッカーが当たったお返しに、瓦を一枚、次男の名前で勧進しました。
1000円でした。

1000円ならしてもいいな。。と思いました。
ちょうどそのタイミングで訪れたのも縁だし。

お手本には、「身体健全」とありましたが、次男は、「身体健康」と書きました。
次男らしい言葉に直して書いたのですね。
それで良いと思います。

「身体健康」な次男を十分に支援できるように、たくさんの人の力を願う言葉と経済力を願う言葉を書き連ねたいと思いましたが、書ききれないとわかっているので、諦めました。

書いても、書かなくても、叶う願いは、きっと叶うと思います。

隣のテーブルでは、アメリカからの来たご家族が熱心に書いておられました。
筆に挑戦されていました。
良い記念になりますね。

blog-4_20180617195506580.jpeg

blog-4-1.jpeg

blog-5_20180617195508278.jpeg

次男が勧進した瓦は、明日、屋根に上がるそうです。
次男は、「平成三十年」 と書くべきところを、「平城三十年」と書いてしまいました。

ありゃ! 
100年くらい後の修復作業で、作業員さんたちに、笑われるかな?
いいや、笑ってね。(^∇^)

いや、いや、100年後の作業員さんたちに笑われる前に、明日の作業員さんたちに笑われることでしょう。
笑ってね。ヽ(´∀`)ノ


10月の落慶のあとに、また来ましょう。
次男の勧進した瓦は、どこに上がったのかなぁ。。て、見上げましょうね。
そのときに、次男は、勧進したことを覚えているかな?
今日、撮影した写真をプリントアウトして持参しましょうね。

--------------2018/10/21------------

2018-10-21_10-38-37_564.jpeg

2018-10-21_10-47-16_333.jpeg

2018-10-21_11-25-57_325.jpeg

2018-10-21_11-26-11_225.jpeg

2018-10-21_12-14-31_945.jpeg

2018-10-21_12-17-05_171.jpeg

2018-10-21_15-49-04_545.jpeg

2018-10-21_15-49-16_070.jpeg

P8306719-thumbnail2.jpg

お昼ご飯は、天丼チェーン店でをたべました
次男は、海老4尾丼。
次男、ニンマリ(^-^)/
母は2尾丼にしときました。






スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR