FC2ブログ

伏見稲荷大社

朝、目覚めると、ちょっと涼しかった。
こういう日は、ちょっとシンドイことをしなくっちゃ。

鞍馬から貴船へ山を越えようか。。いや、サイフと相談したら、”鞍馬まで行くのは、苦しいわ”とサイフが言ってました。
交通費がもう少し少なくてすむように、伏見稲荷大社に行くことにしました。

電車を降りて、伏見稲荷大社に近づくと、”ここは、どこ??清水寺か!?” という大混雑でした。
なかなか前進できません。

ひょっとして、修学旅行の学生達と私たち以外は、すべて外国人か!? という状態。
カオスです。

2018-05-20_11-35-48_474.jpeg

トホホ。。。私は、選択ミスをしたかもです。



楼門、外拝殿、本殿あたりまでは、本当に大混雑でした。

でも、来てしまったからには、一の峰を目指して上りましょう。
千本鳥居では、たくさんの人がゾロゾロ歩いていました。
雰囲気が、ないわ。
あんまり大勢でゾロゾロ歩くと、良くないです。
私たちもその一部で、すいません。

でも、奥社奉拝所からは、急に人の数が減りました。
よかった!

朱色の鳥居をくぐって歩くのは、あんまり大勢だと雰囲気がないです。
これくらいに空いていなくてはね。
鳥居の朱色が歩く人に反射して、ちょっと特別な場所になります。
うれしいなぁ。。

2018-05-20_12-09-26_019.jpeg

2018-05-20_12-22-41_484.jpeg

2018-05-20_13-14-21_517.jpeg

一の峰まで上って麓まで下りてきたら、足がカクカクになりました。
よい運動でした。


山を下りながら、次男に、「次男くん、何を食べたい?お丼?おうどん?」 と訊いたら、次男は、「おうどん!」と答えました。

門前町のお店は、どこも大盛況でした。
席が空くまで、私たちは店頭で少し待ちました。
私たちは、2階に案内されて、畳の部屋で、おいしいきつねうどんを食べました。

1階も、2階も、お客さんは半分以上が外国人でした。
接客係は、フル回転で立ち回っていて、顔に少し疲れが見えました。

2階に居た私たちには、見えないけれど、きっと店頭に列ができているのだろうと思いましたので、きつねうどんを食べ終えたら、サッサとお店を出ました。


2018-05-20_14-17-47_074.jpeg


おやつにお団子を買って帰りました。

家に帰って、シャワーして、次男と冷たいお茶とお団子を食べて、幸せな気分になりました。
次男が健康でいてくれて、ラッキーです。
ありがたいです。

知的障害がある自閉症である次男を、成人後も、心身ともに健康な人でいさせるための労力はけっこう大変ですが、どこまでやれるかわからないけれど、頑張る価値があると思います。

頑張りましょ。

2018-05-20_15-55-25_162.jpeg

2018-05-20_15-55-42_258.jpeg

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR