FC2ブログ

奈良 吉野山

奈良 吉野山 に行きました。
「8日に、奥千本は満開」と聞いたので、出かけることにしましたが、近鉄電車の阿部野橋駅で、「下千本、中千本、上千本は散っています。奥千本も5日に満開を迎えて、すでに散り始めています。ご了解下さいね。」と言われてしまいました。

あらら。。。。(´・_・`)

でも、行きましょう。行きましょう。
山歩きのつもりで行くことにしました。
お弁当もオヤツもリュックに詰めてきたからね。

1-1_2018040922001368f.jpg

1-3.jpg

2018-04-08_11-40-47_704.jpeg

2018-04-08_12-29-59_723.jpeg


吉野駅からバス(360円)に乗って「中千本」まで行きました。
そこから別のバスを乗り継いで「奥千本」まで行けるとインターネットで調べていきました。
が、現地に行くと、バスを待つ長い列ができていて、待ち時間は1時間20分と聞いて諦めました。
徒歩で奥千本を目指しました。

もう、もう、大変でした。
坂道がとても急でした。
地元の方々の生活道路になっている道路でもかなり急な坂道で、驚きました。
冬期は凍結するはずで、自動車を運転したら滑って落ちていきそうです。

そんな道を、次男はとっとと上って行きました。
「まって~~~!!!」(;゜0゜)  と、叫ぶのはかっこ悪いし、エネルギーの浪費なので我慢しました。
次男は、時々振り返って待っていてくれました。
ありがとうございます。お待たせしてすいません。
母はヨタヨタです。( ノД`)

それでも、桜は美しかった。
吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)の鳥居をくぐって、楼門をくぐって、境内に入ると、誰もが”おおお!!”と声を上げていました。
なにかが棲んでいるのではないか。。。と感じる桜でした。



吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)の桜
2018-04-08_12-39-39_152.jpeg

2018-04-08_12-46-33_498.jpeg

2018-04-08_12-46-41_339.jpeg

奥千本
2018-04-08_13-22-22_750.jpeg

2018-04-08_13-22-25_252.jpeg

金峯神社まで上りました。
気温が下がってしまって、震えながらお弁当と花見だんごを食べました。
義経隠れ塔 を見に行く元気はありませんでした。


帰路はバスを考えないで、吉野駅まで徒歩で下りました。
たくさんの人が、ぞろぞろと歩いていました。
次男は、スキップするように軽快に、私の先を下っていきました。
私は転けるのが怖くて次男のように早く下ることが出来ませんでした。
次男は、上ってくる時と同じように、私を時々待ってくれました。
ありがたいです。
知らない場所ではぐれてしまうと困りますから。

私が次男に追いつくと、側を歩いていたカップルが、次男が「楽しい。うれしい。」って、歌っているとおしえてくれました。
「あ、ああ、そうですか。ありがとうございます。」と答えてから、念のため、「なにか、ご迷惑をおかけしませんでしたか。」と訊ねてみました。
幸い、「いいえ、なんにも。」という答えが返ってきました。

ほっ。( /ω)

迷惑をかけてないと言われて、よかったです。。
でも、本気にしてはいけません。
私に気を遣ってくれたのでしょう。

本当は、”おい、おい、へんな奴がいるぞ。。。危ない奴じゃないだろうなぁ。。”と警戒されていたかもしれません。
次男は、まったく迷惑をかけていない。。。。ということはないのです。
すいませんです。


私としては、次男が不満そうじゃなくて、うれしそうにしていることが、わかってよかったです。
次男がうれしいと、お母さんも、うれしいなぁ。。


金峯山寺 蔵王堂
木造の古建築としては東大寺大仏殿に次ぐ規模をもつといわれる豪壮な建築。

2018-04-08_14-57-14_672.jpeg

もちろん、堂内は撮影禁止です。
下の画像は、パンフレットから拝借しました。 
キャッチコピーは、 「青が荒ぶる」 なるほど、そういうイメージです。
大きいです。
7mもあるとか。
目前にすると、大迫力でした。

金峯山寺の本尊は3体の蔵王権現で、その像容は、火焔を背負い、頭髪は逆立ち、目を吊り上げ、口を大きく開いて忿怒の相を表し、片足を高く上げて虚空を踏むものである。インドや中国起源ではない、日本独自の尊像であり、密教彫像などの影響を受けて、日本で独自に創造されたものと考えられる。



1-2_201804092208053e9.jpg



2018-04-08_15-25-03_646.jpeg

2018-04-09_20-58-02_748.jpeg

2018-04-09_20-58-56_929.jpeg


帰宅したら、私はヘトヘト。
次男はニコニコ。
10時前に気持ちよさそうな寝息をたてて眠ってしまいました。
次男が満足そうなので、よかったです。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR