近江八幡市散策 その2


次男に自転車を乗ることを教えておいて、よかったです。
「次男が交通ルールを理解して守ることができるようになる時期」と、「私が次男に自転車に乗ることを教えてやれる時期の限界」が同時期でした。
そして、私がママチャリをこいで、次男を後ろに乗せて走ることができる時期の限界でもありました。
次男を療育施設に連れて行くのに、自転車で移動していました。
カーブではこけそうになっていましたし、坂道を上がることができませんでした。
次男の身体が大きくなりすぎると、自転車に乗る練習ができないと思いました。
でも、自転車に乗ったら、必ず、交通ルールを守らねばなりません。
必ず、家に帰って来る次男でなければ、なりません。
本当に、ギリギリで間に合ったのでした。
次男本人も、私も、汗ダクダク、すり傷だらけ、絆創膏だらけになった夏でした。

近江八幡の歴史的な場所を自転車に乗って散策しても、散策マップに掲載されている全ての場所は回り切れませんでした。
歩いて回ったら、距離感がはっきり掴めてよいのですが、時間が勿体ないことでした。

23

24

25




26

27

28

29

30

豊臣秀次が築城した八幡山城の石垣です。

瑞龍寺ウィキペディアより

智(とも)は子供のない弟・豊臣秀吉に長男の秀次を養子として出していたが、1595年(文禄4年)秀次は切腹を命じられ、秀次の妻子も三条河原で処刑、夫の三好吉房も流刑となった。唯一残された智は処刑された子や孫の菩提を弔うために出家、以前から帰依していた日蓮宗による寺院を嵯峨の村雲(現在の二尊院の近く)に開いた。このとき村雲の寺地と「瑞龍寺」の寺号、寺領1000石を与えたのが後陽成天皇であり、このため瑞龍寺は日蓮宗寺院では唯一の門跡寺院となり、別名を村雲御所と称するようになる。以後、代々皇女や公家の娘を貫首として迎えた。

江戸時代には嵯峨から西陣(現在の堀川今出川付近)に移転する。その後、1788年(天明8年)天明の大火で全焼し、9世・日尊尼は1824年(文政7年)から28年の歳月を掛けて再建した。

1961年(昭和36年)、11世・日浄尼のとき、京都今出川堀川から秀次ゆかりの八幡山城址に移されたが、日浄尼はその完成を見ず遷化。




村雲御所跡の碑 (公益財団法人)京都市埋蔵文化財研究所
聚楽第にかかわる石碑など
そうか、その場所に、入れ替わりに、西陣織会館が建設されたのか。

31

32

33



34

35

36

37

38

39

アンドリュース記念館の2階にナッツ屋さんがありました。
美味しいコーヒーをごちそうしてくださいました。
で、ナッツを買ってしまいました。(。-_-。)

こういう、いかにも、”環境に良い、体に良い、雰囲気の良いお店” の価格は、ちょっとお高め。
正直に言うと、私の生活している価格帯ではありません。
でも、たまには、いいか。。。。ということにしておこう。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR