大阪城トライアスロン2017

昨夜は、すっごい雨でした。
今朝は雨が上がってよかったです。

ヘリコプターが何機も飛んでいて、ちょっとウルサイくらいです。
でも、取材でしょうから、仕方がないですね。
みなさん、がんばってくださいね。







私たちは、12:15 スタートの「エリート選手男子」の部を応援に行きました。

ひどい雨がまた降り出して、ひょっとしたら観客が少なくなるかもしれない。。。。と思ったので出かけました。
トライアスロンの知識はないし、特別に応援している参加者がいるわけでもないのですが、観客が少ないと、淋しいかなぁ。。。と思ったので、出かけました。

バイクコースでは、大会のスタッフさん達が、雨合羽を着て、両手を大きく広げて、腰を低く落として、バイクで疾走してくるアスリートに、懸命に「スローダウン!!」と叫んでいました。
橋の路面に小さな段差(たぶん、エキスパンションジョイントでしょう。)があって、ゴムマットを敷いて有りました。
その上をバイクが走ります。
スタッフさん達は、アスリートに、注意して!!減速して!! と、呼びかけているのでした。

すごいなぁ。。。たいへんだなぁ。。。。アスリートだけじゃなくて、大会のスタッフさん達が、どんなに大変なことか。

2017-6-25-1

2017-6-25-2

ゴール地点の観客は、私たちが到着したころは、私たち以外は、2,3人??くらいでしたが、だんだんに増えてきました。
やがて、ズラーッ と隙間なく並びました。
良かったです。

ゴール直前で、デットヒートが有りました。
複数回、ありました。
目の前で目撃したわけで、その迫力に圧倒されました。

次男といっしょに、他の観客の応援するようすを見習って応援しました。
外国人選手には、

"Come on!!!"" "Go! Go! Go!"

日本人選手には、

「がんばって~~~!!」

次男もがんばって大きな声を出しました。
次男にとっては、大奮闘です。

先頭からずっと外国人選手が続いて、日本人選手は5位に入りました。
皆さん、ゴール、おめでとうございました。



皆さん、お疲れさまでした。
お家まで無事に帰ってくださいね。
特に外国から参加されたアスリートさん達、応援に来た人達は、無事に帰国してくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR