FC2ブログ

韓国映画「マラソン」 「障害児の親として(10946)」

88年『レインマン』
94年『フォレスト・ガンプ/一期一会』
01年『I am Sam アイ・アム・サム』
そして、2005年



昨日、韓国映画「マラソン」のDVDを借りてきた。
さぁ、泣きましょうかね
と覚悟してPCでDVDを見た。
たぶん初めて韓国映画を見た。

マラソン

ママの気持ちはよくわかる。
弟君の淋しさも逃げ出したパパ の気持ちも。
あのパパは逃げ出しても息子達を気にかけている。
罪悪感も感じている。

母と子の合言葉
「チョウォンの足は?」「100万ドルの足」
「スタイルは?」「抜群!」

もはやチョウォンはチョコパイにつられて走るのではない。
チョウォンは新しい扉を開けた。
走ることが好きなのは良いことだ。
でも走ることがチョウォンの価値の証明ではないのは明らか。
チョウォンが好きな”走ること”がチョウォンと人との関わりのツールになったことが素晴しいのだ。

私と次男にも合言葉がある。
「次男君はどんな子」「大事な子」

次男は知的障害をともなう自閉症であると覚悟を決めた時、手に入る限りの情報を集めた。
その絶望的なこと。
せめて知的障害だけならと嘆いた。
子どもが自分より早く死ぬことを願わなくてはならないのか。
映画の中で、チョウォンのママは新聞記者に「望みは?」と訊かれて、「息子が私より一日早く死ぬこと」と答えた。

いや、そんなはずはない。
親が先に死ななくてはならないのなら、先に死んでも良いようにすれば良いと思った。
次男を世間から隠すまい。
世間を次男の方に呼び寄せようと思った。
次男一人ではとても幸せには暮らせないから、次男の周囲ごと楽しく過ごせるようにしたかった。
次男を応援してくれる人をたくさん作りたかった。
見つけたかった。

決して、親は障害のある子を抱え込んではならないと思う。
お互いに依存して最小単位に縮こまるのはごめんだ。
つねに新しい風が入るようにしようと思った。

成功したと思う。これからも、成功させたい。

ヒョンジンさんとお母さんの明るい笑顔を見てください。
勇気が湧いてきますね。
marason
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/17/20050117000073.html

11月3日 広島平和マラソン10キロの部


『マラソン』原作手記「走れ!ヒョンジン」



蓮池薫さんの翻訳によりついに発売。これは主人公のモデルとなったヒョンジンくんのお母さんパク・ミギョンさんによる手記で、彼の幼年時代からトライアスロン選手になるまでを書き記した育児日記でありかつ真実の記録です。(ランダムハウス講談社より発売)
■定価¥1,470(税込)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

読んでました

早い内に購入した かみさんが呼んでました。そして、
一人で泣いていました。ちょこっと読んでは泣き、またちょこっと読んでは泣いていました。「いっしょやなー。」共感する所がいっぱいあるのでしょう、いまだに
読ませてもらっていません。

Re:読んでました(11/20)

りきkkぱぱさん
本当に、同じだナァって思うところがたくさんありますね。

Re:韓国映画「マラソン」(11/20)

私も借りてみよう!
私に障害児がいるなんて誰も疑わないんだよな~みんな私がのんきな奥様だと思っている。
でもやっぱり子供は心配で「子供より1日だけ長生きしたい」と思います。
のんきすぎる私。少し頑張らないと!

Re[1]:韓国映画「マラソン」(11/20)

のんきな奥様だと思われるっていいですよ。
うらやましいですよ。
それくらいがいいですよ~~

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR