不機嫌

今朝、次男はシブイ顔で出かけた。
いつも、仕事に出かける時は、ニコニコして出かけていくのに、今朝は残念だった。

今朝は、どうしたわけか、水道から洗濯機に注がれる水の量が極端に少なかった。
チロチロチロという水音なのだ。
ダーッ!! と勢いよく水が流れ込まないのだ。

水道と洗濯機のホースの間にある弁を左右に動かしてみても、改善しなくて、ついに洗濯機がピーピーピー!!と鳴って「点検してください。」という表示が出た。
洗濯機は停止してしまった。

いつも次男が洗濯して干してくれる。
次男は「自分の仕事」と思っているようで、私が手を出すと「いいの!」と拒否する。

それが、今朝はいつもと様子が違うので、次男はリビングと洗濯機の間を行ったり来たりしてイライラしていた。
洗濯機が停止すると、


「はぁ~~~!!」(*`ω´*)

と大きく息を吐いた。
目が怒っている。
洗濯機に怒っている。

次男が出かける時刻になったので、「あとは、お母さんがするから、出かけていいよ。」と言ったのだけど、次男は自分がしたいことをできなかったので、不機嫌な顔で出かけて行った。

気持ちよく、出かけさせよう。。。と思っているので、今朝はお母さんも残念でした。
次男は、”気持ち悪さ”を職場に引きずって行かないだろうか。。。。気がかりでした。




職場とヘルパーステーションに、次男の今朝の様子をメールした。

その後、次男の不調を知らせる連絡はなかった。
不都合はなかったのかな。

普段通りの次男で作業できてたら、いいなぁ。そうであってほしいなぁ。
次男は、職場に恵まれている。
だから、職場を大事にしたい。

知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに

ログインしないと全文を読むことができません。

”就職からわずか50日で航さんは自ら命を絶った”

知的障害者にガンバリを求めるな。。。。と言うわけではありません。
障害者を頑張らしてよいのです。
私は、次男をずっとがんばらしてきました。
でも、工夫が必要です。

どうしても越えることができない壁があるので、「障害がある」と認定されているのですから。
どうしても越えることができない壁を、本人のガンバリだけで越えろと言われるのは、「死ね」と言われたこと同じなのです。

小中高と一日も休まず通学した彼が、就職してわずか50日で、貨物列車に飛び込んだ。
いつも通勤に使っている電車を2本見送ってから、貨物列車に飛び込んだ。
2本の電車を見送ったホームでの彼の胸中を思うと、    言葉が見つからない。

職場がすこし工夫して、うまく使ってくれたら、彼はとんでもないくらいの仕事量をこなしたと思う。
大きな戦力になったと思う。
実際にそれが出来ている企業は、たくさん存在する。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR