旧三井家下鴨別邸-鴨社資料館秀穂舎-下鴨神社

今日のおでかけは、

旧三井家下鴨別邸
ガイドさんがわかりやすい言葉で、三井家や建物について説明してくださいます。
三井家、あな、あな恐ろしや。

お庭を眺めながら、甘酒を頂きました。
建具にはまっているガラスを通して庭を見ると、ガラスによって屈折の具合がちがうことに気がつきます。
ガラスの作られた年代が違うのですって。
慶応、明治、大正。。。と建てられた時代が異なる場所があるので、ガラスも制作年が違うのでしょう。

鴨社資料館 秀穂舎

辺りを通るたびに、長い期間工事をしているなぁ。。。と思っていました。
2軒だけ残った社家を手直しして資料館にされたそうです。
ガイドさんが案内してくださいます。


両方とも、昨年の10月に公開されました。



まだ、穴場ですよ。

旧三井家下鴨別邸へ
鴨川を渡って。。。下鴨神社の大鳥居のすぐそばです。

2017-2-12-1

2017-2-12-2

2017-2-12-3

2017-2-12-4



鴨社資料館 秀穂舎
2017-2-12-6


2017-2-12-5

下鴨神社
2017-2-12-11

2017-2-12-12

私達が下鴨神社の手水場で手を清めた後、神社の鳥居から、おばあさんと幼児が出てきました。
幼児は泣きじゃくりながら歩いてきました。
おばあさんは、「はい、はい、サッサと歩いてね。」という感じで、さしてなだめているようすではありませんでした。

次男が、幼児とすれ違いざまに、ハンカチで幼児の鼻水を拭き取りました。

え!え!次男くん!?

幼児はピタッと泣きやんでそのまま歩いていきました。
きっと、驚いたのでしょう。
知らない人に鼻水をふかれたのだから。

私もビックリ!しました。
次男は、小さい子が苦手なので、避けると思っていました。
幼児の鼻水をふいた次男の身のこなしがとても自然で、止めることができませんでした。
予想できませんでした。

次男に悪意はなくても、いきなり鼻水を拭かれた幼児はビックリ!して泣き出す可能性もあったはずです。
保護者もビックリ!して、怒る可能性もあったはずです。
知的障害者が大嫌いな人もいるわけです。
それは、私が酔っぱらってからむ人が大嫌いなのと同じで、仕方ないです。


今日は、幸いにも、幼児は泣き出さなかったし、保護者は、「あらら~ (^∇^)  すいません。」と笑ってくださいました。
ラッキーでした。



でも、これは。。。

これは、困った。。
困った。。

今は、泣いている子に声をかけたら、不審者に疑われることがある世の中らしいです。
次男が誤解されないように、幼児と距離が近くなったときは、間に入るようにしたいです。
でも、次男の身のこなしは軽快で、私よりも先を歩いていることが多いのです。
困った。。

次男は、知的障害者ではあるけれど、健康で、まじめで、几帳面で、よく働く青年に育ちました。
このまま気持ちよく生活させてやりたいです。

次男とたまたますれ違った人たちにも、不快な気持ちを持たせたくないです。
気持ちがサッ!と冷えた一瞬でした。



2017-2-12-13

2017-2-12-14

下鴨神社の楼門に雪が残っていました。

2017-2-12-15

河合神社の絵馬です。
次男が描いてくれました。
さんきゅです。

お母さん、きれいになりたいです。
いや、基礎構造はかわらないので、心をきれいにしたいです。

て、それが一番難しいのよね。
お母さんの心は、濁ってドッロドロになってます。
修復不可能です。
どうしようもないように思います。
悲し。


三条でおいしいご飯を食べました。
行きも帰りも、電車は、次男の好きな車両を選んで乗りました。
フカフカの座席に座って、次男はニッコリしてくれました。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR