ノンフィクションW 「デヴィッド・ボウイの愛した京都」

やっと、観ることができた。





デヴィッド・ボウイが深く親炙したデヴィッド・キッド氏の著書

デビッド・キッド氏の著書:「北京物語―旧中国の崩壊と新中国誕生の歴史秘話 」
出版社:世界文化社
出版年:1989



を入手したいのだけど。。。。。

ダメみたい。


2017-1-21-13

2017-1-22-31


電子書籍にありました。
英語じゃ。。。。サンプルでギブアップです。
頭痛がしてきた。



Peking Story: The Last Days of Old China

2017-1-22-21

For two years before and after the 1948 Communist Revolution, David Kidd lived in Peking, where he married the daughter of an aristocratic Chinese family. "I used to hope," he writes, "that some bright young scholar on a research grant would write about us and our Chinese friends before it was too late and we were all dead and gone, folding into the darkness the wonder that had been our lives." Here Kidd himself brings that wonder to life.




The New York Times
David Kidd, Lover of Asian Arts, Dies at 69

デヴィッド・キッド 1926年生まれ。
デヴィッド・ボウイ 1947年生まれ。
ふたりは20歳くらいの年齢差があったということ。
偶然だけど、ふたりとも69歳で亡くなったのか。


メモ
Peking Story: The Last Days of Old China by David Kidd (1988)


David Kidd: Collector, Writer, Master Orientalist
by Alexandra_Munroe on March 2, 1998
PDFあります。

reviews
Peking Story: The Last Days of Old China


スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

おお、これは観てみたい。
でもうちはWOWOWが見られません。

確かに京都を愛したようですが、最後の地に選んだのはボルネオ?かどこかの
南国でしたね。
京都に散骨とはならなかったのです。

Re: デヴィッド・ボウイが愛した京都

stefana  さん

コメントをありがとうございます。

ご覧になると、”そうかぁ。。。それで、京都にきていたのかぁ。。。”と納得されますよ。

WOWOW、なんとかなると、よいのですが。。。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR