くろ谷 金戒光明寺-八ツ橋

今日もタップリ歩きました。

金戒光明寺は、最寄りの駅から結構な距離があります。
もちろんバスやタクシーを利用すればよいのですが、私達は歩くのが目的のひとつですからポクポク歩きます。
金戒光明寺は城郭のようなりっぱな石垣の上に建立されています。
幕末に會津藩が京都守護職に任命されて本陣になったわけです。

文字通り見上げる程の長い石段があります。
それを次男はヒョイ!ヒョイ!ヒョイ! と跳ぶように駈け上って行きます。
次男くん、身が軽いです。

2017-1-3-1

2017-1-3-2

私が御影堂に到着したら、次男はすでにきちんと靴を揃えて脱いで、運慶の作の文殊菩薩に頭を下げていました。
参拝者の皆さんのマネをしているのです。

文殊菩薩は、「三人よれば、文殊の智恵」と言われる文殊菩薩です。
私達三人に、智恵を授けたまえ。
どうしたらよいのか、わからないままに何年も、何十年も、右往左往しています。

次男が殊勝に手を合わせている姿は胸に迫るものがあります。
知的障害者と呼ばれる次男が、智恵の菩薩になにを祈るのでしょう。

次男は、絵馬に「仕事をがんばります。」と書きます。
そう書くものだと思い込んでいるのかもしれませんが、職場があることがとても大事なことだと気づいているのかもしれません。
仕事があって、収入があって、支援してくれるヘルパーステーションがあって、住まいがあって。。。
すべては、「仕事をがんばります。」が成立すればこそです。

人の知恵の拙い次男にこそ、文殊菩薩は智恵を授けてくださるかもしれません。




御影堂の前に小さな茶店があります。
みたらし団子は1本100円です。
次男は500玉をサッと出して5本買いました。
2本を私にくれました。
次男くん、ありがとう。



エネルギーを補給して、次男はますます元気です。
三重塔(文殊塔)は小高いところにあります。
次男は鳥のように軽やかに石段を上っていきました。
広い境内を探検するように散策しました。


帰路は、いつも八ツ橋総本家に寄ります。
新春らしい色合いの八ツ橋を買いました。

2017-1-3-3


2017-1-3-4

2017年も、良い年になってほしいです。
次は、桜の季節に行きますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

stefana さん

あけましておめでとうございます。
2017年も、よろしくお願いいたします。

今朝から、オフィス街に向かって歩く人並みが戻りました。
ホテルや放送局があるので、元日も出勤する人達がいましたが、さすがに少ない人数でした。

お正月って、こんなに短かったぁ???
今年も頑張って生き抜かなくちゃ。。。と思います。

stefana さん、時々、嘆きますので、よろしく流してくださいね。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR