終い天神

京都 北野天満宮に行って来ました。
毎月25日は、天神市が立つそうで、今日は12月なので終い天神市と言うそうです。



最初の鳥居の手前からすごい人波でした。
二番目の鳥居に辿り着くまでも時間がかかりました。
お店もいっぱいで賑やかでした。

脇道へ逸れると、骨董品を扱うお店が多くても、趣味人で賑わっていました。
婚礼衣装の打掛も売られていました。
派手!!綺麗!!
大漁旗や火事半纏とか、お金と場所があれば買って帰って飾りたいものがたくさんありました。
玄人のバイヤーも見に来ている様子でした。

私が買うのは、「山椒ちりめん」くらい。
次男は「干し柿」とか、「チーズ入りちくわのフライ」とか、「鯛焼き」とか。
ふたりでグルグル歩いて探検気分。
境内の外側にもお店が立っていて、いったい何軒が出店しているのでしょう。

「猿まわし」の公演も見ました。
お姉さんの口上が上手で、明るい感じのショーで良かったです。
次男もひきつけられていました。
外国人の観光客が特に喜んでいる様子でした。
初めてみたのかな??

2016-12-25-11

2016-12-25-12

2016-12-25-13

2016-12-25-14

2016-12-15



帰路、駅前の交差点が封鎖されていました。
警察官が警備しています。

なんで???

要人の警護???

タスキを掛けた少年達が駆けていきました。
そのあとを、警察のバイクや、救護班というステッカーを貼った救急車、自衛隊のジープも走って行きました。
高校駅伝でした。

間もなく交差点の封鎖は解かれました。
ドッ!!とたくさんの人達が道路を横断して駅に向かいました。


交差点の周囲にいたたくさんいた人達は、私達以外は、高校駅伝と知っていたのでしょう。
だれもぶーたれることなくお行儀よく警察官の指示に従っていました。

高校生が走っているのですものね。
協力しないといけませんよね。


次男は行きも帰りも嵐電に乗ってゴキゲンでした。
一番前の特等席で、進行方向をじっと見ているのが好きです。
嵐電は、一両か二両編成の電車です。
路面電車になる区間もあって、小さな駅舎で、雰囲気のある電車です。

次男くん、また、乗りに行こうね。

2016-12-25-16
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR