Voice over

昨日、気がついた。
次男のipod touch が voice Over になっていて、どこかに触るたびに、ipod touch がしゃべる、喋る。
voice Over は、視覚障害者ユーザー向けの機能で、それは素晴らしいことなんだけど、私には使いこなせない。

それに、うるさい!!!

なんで、 voice Over になってんの!?
だれが、起動させたの???

もしかして、次男くん??
それはないよね。

次男くん、 ipod touch がしゃべるのを楽しんでた???

もしそうっだら、また起動させればいいよね。
今は、解除しましょ。

解除方法は、


1.最初に表示されるホーム画面で「設定」を選択した後、「設定」をすばやく2回選択
2.「一般」を選択した後、「一般」をすばやく2回選択
3.「アクセシビリティ」を選択した後、「アクセシビリティ」を2回選択
4.「VoiceOver」を選択後、「一般」をすばやく2回選択
5.「VoiceOver」の横の「オン」を選択し、次に「オン」を2回連続で押すと、VoiceOver が「オフ」に切り替わります



「一般」の中に「アクセシビリティ」が表示されていない!!  なんで!!??




スワイプすれば、「アクセシビリティ」が見つかるはずだけど、スワイプに反応しない。
なんで!!??

夜半を過ぎたけど、意地になって諦められない。
くやしい!!なんで、できないの!?



わからなくて、うろたえて、焦って、やっと分かった。
voice over が機動しているときは、スワイプは3本指でしないと、反応しないのだった。


やっと「アクセシビリティ」を見つけて、voice over解除した。

ipod touch と格闘している間、TV で「クリーム」1960年代に活動したイギリスのロックバンド の10年くらいまえのロイヤルアルバートホールでのコンサートライブを聴いていた。
エリック・クラプトン、かっこいい~~~!

コンサートの時間中、ipod touch と格闘していたのでした。
解決できてよかった。
ヒステリーを起こしてギブアップしないでよかった。


ロイヤルアルバートホールは素敵なホールに見える。
アデル、イル・デーボのライブ映像もここで収録していたな。

私も、いつか、ロイヤルアルバートホールに行きますよ。
コンサートを鑑賞しますよ。
いろいろな段取を整えて、きっと行きますよ。

あはは。
頑張ったら、解除ができたので、気が大きくなっちゃったわ。





スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR