平尾誠二氏の葬儀は家族葬に 神戸製鋼

いろいろな思いの人達がおられると思うけれど、ご家族の気持ちを大事にするのが当然だと思います。
ご本人様、お疲れさまでした。
ご家族様もお疲れさまでした。

ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は21日、元日本代表監督で、20日に53歳で死去した神戸製鋼ゼネラルマネジャー(GM)の平尾誠二氏の葬儀・告別式について、近親者のみの家族葬で行われると明かした。

 遺族の強い希望で、日時・場所は発表せず、香典も辞退する。病名や死因も非公表。今後、お別れの会などを開くかは、決まり次第発表するという。



運動音痴の私でも知っている方でした。
こんなことがあるなんて。

お子さまは、成人されているのだろうか。



以前に、取引先の社員さんが亡くなった時に、「近親者のみの家族葬で香典も辞退する」という連絡があった。
私は不思議に思わなかった。

私は少数派であったようで、職場の他の人達は、「そんなこと、考えられない。」とまくしたてた。


お葬式は、ご家族を労るためにあるように思う。
ご本人は、ご本人のことを本当に想う人達に送り出してもらうことだけで満足なのではないか。。。と思う。
会社同士の取引があったくらいで、仕事の場でしか会ったことなくて、なにを言うのだろう。。と思った。

まくしたてた人達のうちの一人は、亡くなった人の会社に電話をかけて、「これって、どういうこと?夫婦仲が悪かったの?」と訊いた。

(やめてくれ~~~~!!)
そういう次元のことではないよ。
人を想う形はいろいろあって良いのだ。

もちろん、私は家族葬にしてと長男に言ってあります。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR