筋肉痛

今日もお城の周囲は賑やかでした。

クラフトワインホリデイが開かれていて、たくさんのブースが出ていました。
主催は大阪城パークマネジメント。

私は下戸なので、素通りするしか無いけれど、いろんな催しが行われるのは嬉しいです。

私は、次男を置いて先にいなくなってしまうので、次男が住むこの街が賑やかで、人がたくさんいて、税収がたくさんある街であってほしいです。
税収があることが大事です。
福祉は耳に心地良い言葉だけではなりたちません。
税収があることが前提です。

天守閣の中の博物館(小さいけど)の展示物が代わったそうなので、お散歩をかねて訪ねました。




天守閣のチケットを買って石の階段を上りました。
階段踊り場まで上がって、ビックリ!!!
すごい列ができていました。
しまったぁ。。。失敗したかも。

警備員さんが「エレベーターに乗る列です。」というので、「じゃぁ、階段を登るのは、こんなに並んでないですか?」と訊くと、「はい!」
ですって。

よし!!じゃぁ、階段で行こう!!  ということになりました。
やめとけばよかった。
次男は階段を難なく上りました。
わたしは途中で、「次男くん、待って~~~!」(T_T)
母、ヘロヘロです。



最上階から階段を降りながら展示物を観ていきます。
次男は、2階のフォトコーナーで兜と陣羽織を借りました。
平安京創生館で平安装束を着付けてもらって、クセになったのでしょうか。
料金が4/1から500円になっていました。
あらら。

職員さんが、次男に兜の一覧表を見せてくれて、次男が指さして選んだのは、真田幸村モデルでした。
赤い兜で鹿の角が付いています。
当然、職員さんは、赤い陣羽織を着せてくれて、次男によく似合いました。
太刀を持って記念撮影しました。

それを観た外国人の観光客が、ボクも、ボクも と列を作りました。
次男、売り上げに貢献できてよかったね。(^∇^)
母は、お尻と足の境目が筋肉痛になったけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR