児相は役立たず。

児相が役立たずの組織であることは知っている。

次男のことで、たびたび児相に行かねばならなかったけれど、役に立たったことが無い。

役にたたない、知識に偏りがある職員にしか会ったことがない。

次男に関しては、次男の力になってくれる機関では無くて、次男が職員に職場を与えているだけだった。

職務に必要な勉強をしないで給与をもらえるって、いいわね。


 両親から虐待を受けて相模原市児童相談所(児相)に保護を求めた中学2年男子生徒が自殺を図り、今年2月に死亡していた。2014年10月下旬には、生徒が通う中学の教師から「男子生徒が親から暴行された」と児相職員が連絡を受けたにもかかわらず、所長ら上司に報告していなかったことが分かった。




同児相の鳥谷明所長は22日午後の記者会見で「情報を共有して一時保護の判断を検討すべきだった。きちんと検証しなければならない」と釈明した。

 同児相によると、13年11月、生徒の額や顔の傷に当時通っていた小学校の教師が気付き、同市の中央子ども家庭相談課に通報。同課は生徒に面談した。

 14年5月末には生徒がコンビニエンスストアに「親に暴力を振るわれた」と逃げ込み、警察に保護された。児相は両親から事情を聴いた上で虐待と認定。毎月1〜3回程度、生徒と両親を一緒に児相に通わせた。

 生徒は児相に「暴力を振るわれるので家にいたくない」「児童養護施設で暮らしたい」と保護を訴えたが、その後、母親が体調を崩したとして両親から「もう児相に行けない」と連絡があり、3人とも児相に来なくなったという。10月上旬、鳥谷所長は両親を説得して生徒の一時保護について同意を求めたが拒否されたという。

 10月下旬には生徒から「父親とトラブルになり、投げ飛ばされて脇腹がベッドに当たり痛かった」と聞いた中学教師が児相職員に電話で連絡。しかし、職員は鳥谷所長に報告せず、児相は一時保護などの検討をしなかった。また家庭訪問したり、学校に出向いたりして生徒から事情を聴くこともしなかったという。

 生徒はこの半月後の11月中旬、近くの親戚宅で首つり自殺を図り、心身に重度の障害を負った。今年1月に容体が悪化して先月末に亡くなった。児相は虐待を受けた子どもを職権で親から引き離し一時保護することができる。【

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR