京都 東寺 弘法市

祭日と21日が重なったので、東寺の弘法市に行ってきました。
大変な賑わいでした。
大変な賑わい。。。。。という言葉の他になにかもっと良い表現は無いのか??????




とにかく、すんごい人でした。
露天と露天に挟まれた通路を、お互いに体を斜めにして行き違いました。
東寺の敷地だけではなくて、駅から東寺に続く一般歩道にも露天がたくさんでていました。
歩道の幅員が半分になっているので、東寺に行く人も、東寺から駅に行く人も、なかなか進みません。
大変でした。

旧国鉄時代の車両の付属品を並べているお店もあって、ビックリ!!
今頃、どこから出てきたの~~~???

いかにも高価そうな雛人形のお道具がズラリッ!!と並んでいました。
ひょっとして漆仕上げかも?
どこかの倉から出てきたのかな。

外国人観光客も多かった。
ヘトヘトになりました。



写真なんか撮ることもできないほどの賑わいでした。
そんなジャマになることしていたら、叱られそうな雰囲気でした。

私は新品のすてきな春夏用ストールを3枚1000円で入手できて嬉しかった。
色とりどり、花畑のようなストールの山から選び出しました。
血が躍りましたよ。

次男は干し柿を買って、食べたら、その甘さに衝撃を受けたようでした。
大きな干し柿4個で300円。
妥当な値段だと思いました。
もしかしたら、次男は干し柿になじみがなかったのかも。
家では食べさせたこと無かったかも。
次男は、干し柿がウニュ。。。としてビックリしたかも。

美味しそうなに見えた大ぶりな串団子を買ったら、1本500円ですって?!
ビックリ!!
値段を書いた紙が見えにくいところにありました。
あらっ。。。(;_;) やられたわ。

それでも次男が自分で選んで買い物をすることは、させなくちゃね。


ちりめん山椒は味見をさせてもらっただけで、買いませんでした。
ごめんね。
ちょっと、ちがう味だったので。
おばちゃんは、欲しくないものはかいません。






たまたま私たちが拝観している時に、金堂、講堂 で法要がありました。
21日だからでしょうか。

21日と土日祭日が重なる日は、1年間に何回あるのでしょう。
そして、たまたま法要が行われる時刻に金堂、講堂に居合わせるとは。
ラッキーなことです。

宗旨が何であれ、国籍がなんであれ、だれかが大事にしているものには敬意を払うべきだと思います。
建物であれ、芸術であれ、なんでもね。
敬意をもつ。。。。て、次男にも伝わるかな。



読経が高く低く響く中で「立体曼荼羅」が揺らいでいました。




食堂で京藍友禅の個展を拝見しました。
あまりの美しさに、次男に「きれいねぇ。」と問いかけたら、次男が「ふ~~ん」と感嘆の声を上げました。
次男の感嘆ぶりが素直過ぎたのか、たぶん作家本人さんと思われる白髪の男性が少し笑って「ありがとうございます。」と深々と頭を下げられました。

アチャチャ。。

私達も慌てて「ありがとうございます。」とお辞儀しました。

藍友禅 橋詰清貫の世界




スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR