安居神社-金剛組-四天王寺

土曜日に商店街を歩いていると、赤備の鎧武者が数人歩いていました。
手作り感のある鎧武者達でした。
なんで???


商店街の店主さん達が「ご苦労さんやねぇ。。。どこまで行ってきたん?」とか話しかけていました。
商店街の若手の店主さん達が、町おこし運動の一環で、「明日から大河ドラマが始まるから、見てねぇ~~」と呼びかけて歩いていたのでした。

そっかぁ。。盛り上がると良いですね。

-------------------------------

今日は、真田信繁の戦死跡之碑がある安居神社-四天王寺界隈を散策しました。
アップダウンが多いです。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では徳川家康の本陣になり、翌慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では真田信繁(幸村)の本陣となった茶臼山も近いけれど、今日はパスしました。






途中で、創業は、「飛鳥時代第30代敏達天皇6年(西暦578年)」金剛組の社屋も見つけました。
ふつーの社屋でした。
もしかしたら、寺社仏閣風のデザインかしら。。。とかってに期待してました。
すいませんでした。

金剛組

西暦578年の創立って、すごいです。
四天王寺が推古天皇元年(593)に建立されているので、それよりも前からの歴史があるわけです。
四天王寺の境内で、「金剛組」と染め抜いた法被をきた人がたくさんいました。
「四天王寺の現在の建物は創建当時(飛鳥時代)の様式を忠実に再現しており、古代の建築様式が今に残るのは貴重といえます。」という説明があるので、金剛組さんのお仕事なのでしょう。

「新春名宝展」が2/7まであります。
四天王寺は、戦火で灰燼と化しているので、残された名宝は疎開させてあったものだろうか。
小品であったり、移動させやすい絵巻物、書物のようだ。


安居神社は、逢坂(国道25号線)を挟んで一心寺と向かい合っています。
2016-1-11-5

2016-1-11-1

2016-1-11-2

2016-1-11-3

銅像はもう一つ。。。なので、パス。

2016-1-11-4

七名水として名を馳せた安居の清水(別名:かんしずめの井)の址

もう少しなんとか整備できないのかしら。。と思うけど、現実ぽくてこの方が良いのかな。

次男はおみくじを取りました。
賽銭箱の横に箱が置いてあって、”引く”のではなくて「箱から取り出す」感じです。
次男は「吉」でした。
よかったです。
木の枝に結び付けるも良いのですが、次男のお財布にいれて「お守り」にすることにしました。
今年も、小さい吉をたくさん重ねていきたいです。

2016-1-13-1

絵馬が錦絵のようにきれいです。
”綺麗な絵馬ですねぇ。”と禰宜さんに言ったら、”綺麗だから、掛けないで、お家に持って帰ってもいいよ。袋に入れてさしあげようね”と言ってくださったので、持って帰りました。

家に持って帰って飾ると、”もし、知らない人に読まれちゃったら、恥ずかしいなぁ。。。”という大望を書いても平気なのだ。
へへへ。
大望。。。てなに??


四天王寺の近くのは、おいしいパン屋さん、ドーナツ屋さん、レストランがたくさんあります。


真田幸村の最期 大阪夏の陣 安居天神

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR