散財

散財と言ってしまうには、スケールがあまりにも小さいのだが。。。


本屋でウロウロすることは好きだけど、新刊書買うのは毎月一回だけで、あとは、BOOK OFF か Amazon で中古本を買っている。
100円とか258円で済ませることが多い。
ホントに中古本で十分だと思う。
BOOK OFF は、アマゾンと違って、本を探すのに時間がかかるのがイヤなんだけど。

今日は新刊書を求めて本屋に言った。
11月に出版されたばかりだから、新刊書しかないのだ。
タイトルは、 「池上彰の18歳からの教養講座」
池上氏の解説は、「週刊こどもニュース」の頃から機会があれば見ている。
わかりやすくてありがたい。

それでも悲しいかな。
池上氏の解説を聞いても、聞いても、私の知識にならない。
なぜなら、ザルで水を受けるがごとく、せっかくの解説がダダ漏れなのだ。
私の記憶容量はほとんどゼロに近い。
それでも、まったく諦めてしまって、わかろうとしないのは、よくないと思う。

だから、文字になったものを1冊求めたいと思ったのだ。
「戦後70年のニュースがまるわかり!」というキャッチコピーにやられてしまった。
800円+税。。。たまにはよいよね。
ちょっとだけ贅沢です。




が、やば~~い。

本命の「池上彰の18歳からの教養講座」を見つける前に、11月に亡くなった宇江佐真理氏の 「ウエザ・リポート 見上げた空の色」 の文庫本が平積みしてあるのを発見。
2013年4月に出版された単行本の内容に、今年2月に文芸春秋に掲載された「私の乳癌リポート」が加わっている。
これは、読みたい。。。と思って手に取った。

さらに、 『サムライ 評伝 三船敏郎』(松田美智子 著)
すでに、映画「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」が製作されて、9月の第 72 回ベネチア国際映画祭で公開されたとある。
日本公開は2016年の予定。
これは、うれしい。楽しみ。

 自著を語る 世界の映画人が憧れた“世界のミフネ”の魅力を、日本人は再発見すべし! 

MIFUNE: LAST SAMURAI

三船敏郎オフィシャルサイト


うわぁ。。。( ゚Д゚)
自分のために、新刊本を3冊買っただけで、ビビり上がってしまう私のノミの心臓。
なんか、もう、スケールが小さすぎて。



スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR