通勤の様子

うれしいことに、次男の通勤の様子を聴きとることができました。
次男の携帯電話がどこかに触れて、私のスマホの番号に発信したのです。

次男は全く気がついていませんでした。
私は話しかけないで、そのままイヤホンにして聞いていました。

以前にも何度かあったのですが、次男の通勤の様子が窺い知れて、うれしいです。



ザッ!!ザッ!!ザッ!!  次男が歩く音です。
リズムを刻みます。


結んで!開いて!友達さぁ~~~♪(何の歌なのか、わかりません。)

---------------

ついていくわ。 あなたが夢をつかめる世界なら~~♪
こわくないわ♪ この世がたとえ闇に閉ざされても~~♪

胸に吹く追い風は、旅立つよ♪
生まれたての時代へ~~~♪

フォロ-ユー♪マイラブ♪  
感じたいの。
今、その心を 焦がすときめき♪
 
フォローユー♪ねえ♪
見つめたいの♪
まぶしすぎる瞳の中の未来を~~♪




次男はゴキゲンで通勤しているようです。
ありがたいです。

6歳以下の幼児の気持ちで、成人の体を着て生活している次男です。
次男なりに、心のなかには、不自由で、もどかしくて、悔しいことがたくさんあると思いますが、毎朝こんな風にルンルンで通勤出来るのは、大変な幸運だと思います。

ヘルパーさんに身支度を点検してもらって、お金もみてもらって、たぶん「よし!カッコイイね!」とか、なんとか言ってもらって、次男は意気軒昂に歩いているのです。
地下鉄の構内でルンルンしていると、鼻歌が大きく聞こえます。
地下鉄のアナウンスも良く聞こえます。
携帯電話の集音機能はすごいです。



次男くん、お母さんはどこから見ても、次男が可愛いです。
気持ちも体も健康に育ってくれて、ありがたいです。

でも、次男とたまたま地下鉄の構内や電車の中で出会った人達から見れば、次男は異なる人種で理解できない存在だと思います。
きっと、次男が歩くと、映画「十戒」でモーゼが海を開いたように道が開けていると思います。
だって、明らかに成人に見える人がそんなに可愛い歌を歌いながら歩いていたら、次男を知らない人は用心して距離を開けると思いますよ。

仕方無いね。
道が開けた方が歩きやすいから、それでいいね。
私達は充分にラッキーだね。


スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR