銀杏

秋が近い。

2015-9-19-1-1


2015-9-19-1-2

銀杏を食べると、少し苦みがあって、歯ごたえがあって、好きだなぁ。。。(^.^)
茶碗蒸しに入れるだけじゃなくて、滋養があると聞くので、シーズンになると、一日に1つ、2つ食べるようにします。
炒るよりも、使い古しの封筒に入れて、レンジでチンすると、簡単です。

でも、公園のイチョウ並木の足もとに潰れた実の匂いが立ちこめるのは苦手です。
毎シーズン、たくさんの人がイチョウの実を収穫しています。
コソッと実を拾って行くのではなくて、堂々収穫する人達がたくさんいます。

夫婦ふたりがかりで、旦那さんがイチョウの木をユッサユッサと揺らして(良いのか?公共の樹木にそんなことをして良いのか?(@_@;))実を地面に落として、奥さんがチリトリとホウキで集める光景も見ます。
大胆ですぅ。(~_~;)

公共の物なので、かってに収穫してよいのか???とは思いますが。
注意を受けている場面に出くわしたことが無いので、いいのかな???
わかりません。

それよりも、あのすごい匂いのものをゴミ袋いっぱいに収穫したら、どんなにすごい匂いでしょう。
どこで、どうやって実からタネ(銀杏)を取り出すのでしょう。
訊いてみたい。。。と思いつつ、実行していません。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

うちの両親も元気なころ街路樹の遠征に行ってましたねえ、懐かしい・・

地面に落ちているものを拾うのはいいですが、木を揺らして落とすのはいけないそうです。
収穫した実は乾燥させていたか、土の中に入れるか?なんかそんなことを一旦してから
種を取っていたように記憶します。
美味しいですよね、私も大好きですが街路樹遠征はもとより、
買って炒ってさらにむいて・・と考えると躊躇しますね。

Re: タイトルなし


stefana 様
コメントをありがとうございます。

そうですよねぇ。。木を蹴ったり、揺らしたら、やり過ぎですよねぇ。

乾燥させるにしろ、土に埋めるにしろ、”銀杏を食べるぞぉ~~~”と言う相当な気合いがないとできないですよね。
私もできそうもないです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR