免許証の更新手続き

警察署で、免許証の更新手続きをしました。

なにせ、乗りませんので、無事故無違反ですから、金色の「優秀運転者」です。オホホ (^.^)

5年ぶりに警察署に行くと建て替わっていて美しい庁舎になっていました。
玄関を入ってすぐにロビーがありました。
ソファに、「どう見てもその筋のおじさん」が半ば寝転びながら大声でスマホで話していました。
おお!(@_@;) かなり、うるさい。

カウンターで、「更新の手続きにきました。」と伝えて、名前を呼ばれるまで待っている間、おじさんはずっと大きな声で話し続けていました。
私の他には1名の女性がまっていました。
私から見える範囲の中に、大勢の制服をきた警察官が居て、それぞれに事務仕事をされていましたが、み~~んなおじさんを無視していました。

警察署のロビーで、大勢の警察官がいて、ひとりの警察官も、「大きな声で話すと迷惑ですから、外で話してください。」と言わないの。

おじさんは警察官を舐めているのか、警察官がおじさんを舐めて無視しているのか。。。
両方かな?



一般庶民の存在は、どちらの眼中にもなかったようでした。
おじさんは、そういう種類の人でしょうから、それがふつうの態度でしょうが、警察官のそれは、おかしいよね。








名前を呼ばれて、「目の検査をしましょう。」と言われたので、「ふだんは、文字を読むときは、老眼鏡をかけていますから、今もかけましょうか?」と訊ねたら、「ま、そのままで検査しましょう。」という答えでした。

メガネをかけないで検査したら、まったく問題なくはっきりきれいに見えました。
おお!うれし!

職員(警察官)も、「はい!大丈夫です!」

むふふ。(^.^)
途端に、おじさんのうるさい声が、気にならなくなりました。
どうでもよいわ。

間もなく、おじさんは、職員に呼ばれて移動しました。
上の階に行ったようでした。

講習が始まる時刻まで1時間近くあったので、近くのカフェに行くことにしました。
コーヒーと読書で時間をつぶしました。
もちろん、読書の時は老眼鏡をかけているのだけど、検査ではメガネが必要でなかったことが、うれしくて、気持ちの良い1時間を過ごしました。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR