FC2ブログ

マジックと皿回し

今日の仲間つくり教室は、ちょっと変わった趣向でした。

ロープマジックのさわりと、ストローマジックのさわりと、皿回し でした。
マジックは、マジックに見えるけれど、マジックではなくて、当たり前のことが起こっているのだけど、カッコ良い手さばきですると、マジックに見えるのでした。

マジックがマジックに見える面白さは、次男にはちょっと難しいと思いますが、繰り返し、繰り返し紅白のロープを引っ張って、

スルスルスルッ! 白のロープが赤に代わり、
スルスルスルッ! 赤のロープが白に代わり


楽しんでいました。

2015-8-23-2-3





紙のお皿の下に、紙作ったリングを貼り付けて、お箸を挿し入れてお皿をサッと回すと、あら?上手!

みんな上手にクルクルクル!
ニコニコニコ!

2015-8-23-2-1


2015-8-23-2-2


テーブルの列ごとに皿回し競争をしました。
列の一等賞同士で教室の一等賞を選びました。

上手に回せる人は、何時間でも回せそうです。


教室に、うれしそうな顔がいっぱい咲きました。

こんなにウケるなんて。
正直に言うと、予想以上でした。
今日のプログラムの内容を聞いたときには、ちょっと無理じゃないかなぁ。。。。と思いました。
みんなついていけないのじゃないかなぁ。。。と思いました。


先生方、ありがとうございました。









今日の仲間つくり教室は、午前中だった。
早朝ウォーキングに行くべきか、ウォーキングには行かないで家でラジオ体操をするべきか。。。
仲間つくり教室に出かける時刻までに、運動とシャワー、掃除、朝食とカフェオレを済ませるのは、ちょっとキビシイかぁぁぁぁ。。。

シンドイよなぁ。。。。誰が???
次男じゃなくて、私がだよなぁぁ。。。


昨夜、次男に訊いてみた。

明日の朝は、ウォーキングに行かないで、ラジオ体操にしようか?

次男が うん! と、言ってくれるんじゃないかと期待していた。。

次男は、無言で返事をした。
迷っている無言ではなくて、イヤだと言っている無言だった。

あちゃ。。

わかりました。
お母さん、がんばります。。😓


今朝、5:00 少し前に、次男が おはようございます!! と元気いっぱいの声を廊下から掛けてきた。
親って、体力勝負ですわ。
でも、ありがたいことだ。
まだ、次男に付き合ってやれることがあるんだ。
ウォーキングをして朝の日課をこなしてから、仲間つくり教室に出かけました。




仲間つくり教室は、通い易い場所で開催されて、ありがたいです。
内容も親ではないしてやれない事ばかりで、ありがたいです。

でも、電車に乗って奈良や京都に出かけるほどには体力を使わないので、夜にベッドに入ってから眠りに落ちるまでの時間が少しかかるのがいつものことでした。


今夜の次男は、9:00に寝室に移動した。。
児童書の一章を読んでやると、ニッコリして、コトンッ眠りに落ちた。


今日の仲間つくり教室は、次男にとって衝撃的だったのだ。
知的障害者に、 さわりだけにしても、マジックをおしえてみましょう。。。。という発想をしてくれる人は多くないと思う。

次男は、今日の企画が嬉しくて、ウケて、はしゃいで、いつもの日曜日よりも満足したのだ。
だから、9:00 に寝室移動したのだ。
次男くん、よかったね。

親以外の人の力を貸していただけることは、本当にありがたいことです。
親だけでは、発想も能力も行き詰ってしまいます。



先生方、ありがとうございました。。
新しい発見がありました。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR