FC2ブログ

スイングしなけりゃ意味がない! 「障害児と生きる日常(58952)」



昼食の後、次男と二人で チャリティ-・ジャズ・メッセに行ってきました。
当日券を買いました。
出演は、
朝倉 聖(Ds) / 北山ダイスケ(Perc) /大島一郎(Tb) /佐藤ヨシノブ(Sax)
      菊池寿人(Tp) / 佐藤由行(Pf)/ 三國智(Bs)
       宮川真由美(Pf) / 須崎健二(Bs)
       古川亜紀子(Pf)/ REIKO(Violin) / 小松タカシ(Bs)
       安ますみ(Vo) / 山下みさこ(Vo) / 戸田裕美(Vo)

友情出演:桂 春之輔
司  会:水野清文


次男の好きな「A列車で行こう」で幕が上がりました。
朝倉 聖(Ds) 氏のドラムは毎年パワフルになるように感じます。
ジャズ・メッセ・スペシャルバンドの演奏に「ブラボー!!」の声が跳びます。
拍手と手拍子が溢れます。

体全体でリズムをとる赤いドレスのREIKO(Violin)氏は、とても美しくてそのバイオリンはつややかです。
戸田裕美氏の「ラブ」はナタリー・コールのようなスキャットも加わって素敵です。
山下みさこ氏の「黒いオルフェ」も安ますみ氏の「lover, come back to me」も素敵です。
曲名を思い出せない曲がたくさんあります。
どれもこれもとっても楽しい!
「スイングしなけりゃ意味がない」イェイ!

次男を初めてこの会場に連れてきた時には、彼はじっと座っていることが出来ませんでした。
私はあらかじめ、受付の人に事情を話して前に座席がないところの席にしてもらいました。
足をパタパタして前の席の背を蹴るからです。
その上本当に階段を上がったり降りたりを繰り返していました。
ちょっと、、、つらかった。

今日は、なんにも頼まずに普通に席を決めてもらいました。
というか、まったく特別な配慮をお願いすることを思いつきませんでした。
次男なりに、チョットずれてはいますがリズムをとっていました。
曲ごとにちゃんと拍手もしていました。
次男の横顔は、リラックスしていました。

たくさんの場所でイッパイ修行を積んだ甲斐がありましたね、次男くん。
長い道のりだったよね~~

この世に歌や音楽というものがあって本当によかった。

次男がウンともスンとも言わなかったころ。
「ゲンコツ山のたぬきさん」や「トントントントンひげじいさん」とかを私は延々と歌い続けた。
次男を私の布団に入れて延々と歌った。
次男はじ~~と私を見ていた。
次男はナカナカ眠らない。
延々と続くふたりだけの時間。
私の声だけが響いていた。

次男が「もっと」と言ってくれた時の嬉しさ。
そしてまた延々と響く私の声。

でもここまで来たもんね。
これからもたくさん楽しみましょうね。
君の道はこれからドンドン拓けていくんだよ。
心配いらないよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR