京都市立美術館-ルーブル美術館展

猛暑です。
保冷剤を入れるネックバンドを購入しましたが、肌触りが悪くてチクチクするので、結局は綿素材のストールに落ち着きました。
取り替え用の保冷剤をタオルで巻いてたくさん持って出かけました。

暑い時期に,盆地の京都、奈良に出かけるなんて、ほとんど拷問か修行です。
でも、どこかに行かねばなりません。
どこかにでかけないと、次男を退屈させてしまいます。
でかけましょう。
修行だと思って、でかけましょう。


京都市立美術館-ルーブル美術館展。。。あちゃぁ。。。今日は中学生が無料の日でした。
盛況でした。
美しいものをたくさん見ることができてよかったです。
次男が長身でよかったです。
人垣の後ろから眺めることができます。
それでも、人から出る熱気で酔いました。
グッタリしました。(*_*)

2015-7-26-1-1



京都市立動物園を川越しに眺めると、可愛い観覧車が見えます。
次男に「乗る?」と訊くと、

「乗らない。」 (`´)

わかってたんだけどね。
敢えて、訊いてみました。(^_^)

琵琶湖疏水記念館で、ものすごい勢いで流れる疏水を眺めました。
水音のとどろきを聴きました。
しぶきを気持ち良く浴びました。


2015-7-26-1-2

もとは、線路がありました。
2015-7-26-1-3


2015-7-26-1-4

しぶきを浴びて、少し涼しくなってから南禅寺に向かいました。

三門、法堂。
水路閣をくぐって南禅院のお庭を拝観すると鎌倉時代にタイムスリップです。

大方丈-小方丈
有名なお庭、襖絵(レプリカ)

お金が苦しい時は、拝観料が払えないので、無料で拝観できる場所を眺めます。
拝観料を払えるだけのお金を持っている時は、”うれしいなぁ。。”と思って拝観受付に行きます。
すると、「手帳を持っておられたら、割引があります。」と言われたりします。
ありがたいです。
その分、おさい銭や線香料にします。

障害者割引していただけることを、当然と思ったら、私達の中で何かがおかしくなると思うので、ツッパルことができる範囲でツッパッテいこうと思います。


2015-7-26-1-5


2015-7-26-1-6


2015-7-26-1-7


2015-7-26-1-8


2015-7-26-1-9


2015-7-26-1-10


2015-7-26-1-11


2015-7-26-1-12

三条まで下って食事をして帰りました。

<
2015-7-26-1-13


2015-7-26-1-14


帰路の電車の中ではタオルを被って顔を隠して爆睡。
歩き疲れて、口を開けてヨダレ垂らしているかもしれないからね。
そんなのを晒したら、社会に迷惑だからね。


帰宅して、シャワーする時に、ブラウスの生地の胸のあたりにが吹いているのを発見しました。
胸の谷間の汗よ。
谷間がちゃんとあります。ハハハのハァ  (*_*)
背中も塩を吹いていました。
ま、デブの証拠です。
ヘンッ (>_<)


軽い夕食、入浴、テレビを観て、本読みをしてやると、次男はすぐに気持ち良さそうに寝息を立てました。
動かないと、次男に安らかな眠りがやってきませんからね。
母はヘロヘロになったけれど、出かけてよかったと思います。

気持ちよく、新しい週を迎えることができると思います。



スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR