太田出版、賛否呼ぶ「元少年A」手記について正式コメント 

私は、購入しない。
読まない。 


1997年に神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)を起こした「元少年A」(32)による手記「絶歌」の出版元である太田出版が2015年6月17日、約1800字の公式コメントを発表した。公式サイト上に岡聡代表取締役社長の名前で掲載された。



出版後には、殺害された土師淳君(当時11)の父親と代理人弁護士が同社へ抗議文を送付。速やかな回収を求めていた。コメントはそのことについてはとくに言及しておらず、引き続き販売を続けるようだ。




こういう出版物がヒットしてしまうと、犯罪でビジネス成立してしまうし、犯罪者が自身の罪をネタにして富を得ることになる。
たくさんの税金を使って更生(?)させて、そのうえこんなにも好き勝手をさせてよいものだろうか。
遺族の承諾なしに、出版できないように規制をかけるべきだと思う。

記録や公式文書として、書き残すなら警察やその関係各所がやれば良い。
研究対象にすることも大事だと思う。
読みたい人は、正式の手続きを経て、身分証明証を提示、コピーし、記録したうえで、読めばよい。
もちろん無断に転載することは認められないとして。
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

被害者家族が辞めて欲しいとおっしゃってるのですから世に出すなんて大問題でしょう。
加害者の親も出して欲しいと思わないと思いますけどね。

しかもいまだに匿名とか自分はぬくぬく・・って感じです。

Re: タイトルなし

> 被害者家族が辞めて欲しいとおっしゃってるのですから世に出すなんて大問題でしょう。
> 加害者の親も出して欲しいと思わないと思いますけどね。
>
> しかもいまだに匿名とか自分はぬくぬく・・って感じです。

加害者の本名はあくまでも隠しておいて、被害者の名前は毎日、毎日ニュースに載せられて。
暮らしにくさは、加害者男性よりも被害者遺族が大きいですよね。

そのうえ、出版社、著者にお金が入るのが納得できません。
なんでも、かんでも、「表現の自由」を根拠にして良いわけではないと思います。

入所施設を出所したら、「罪を償った」ことになっているのも、納得できません。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR