FC2ブログ

アカデミー脚色賞受賞者は、壇上で“Stay weird, stay different”と叫ぶ

とても良い記事です。
掲載期間が終わると消えてしまうので、もったいないので、ここにメモしておきたいです。

アカデミー賞「脚色賞」に輝いたグレアム・ムーア、感動の受賞スピーチが話題に

昨日のアカデミー賞で見事『脚色賞』に輝いた「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」で脚色を務めたグレアム・ムーア、彼の受賞スピーチが今年のベストスピーチだとして話題になっている。



「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」は、ゲイの天才数学者アラン・チューリングを描いた伝記映画。彼はPCなどの人工知能のベースとなった偉大な人物にも関わらず、英国政府に50年もの間極秘にされ、ゲイという理由でわいせつ罪で逮捕、42歳の若さで自殺をしてしまう。

映画では、アラン・チューリングをベネディクト・カンバーバッチが熱演した。





本作の脚色を手がけたグレアム・ムーアはオープンリーゲイ。

彼は受賞スピーチで、アラン・チューリングへの敬意と、世界中の悩める子供達へメッセージを贈った。







ー グレアム・ムーアスピーチ全文 ー

「皆さんありがとうございます!アラン・チューリングは、このような舞台で表彰されることはありませんでした。でも、私は今立っています。これは不公平ですよね。なので、短い時間だけどメッセージを伝えたいと思います。」



「私は16歳の時、自殺未遂をしました。自分は変わった人間だと思っていたし、いつも居場所が無かったからです。でも、私は今ここに立っています。」



「かつての自分がそうだったように、この映画を、そういう子供たちに捧げたい。自分は変わり者で居場所がないと感じている若者たちへ。君たちには居場所があります。そのままで大丈夫。そして、いつか輝く時が来るんです。だから君がこのステージ立った時には、このメッセージを次につなげて欲しいです。本当にありがとう。」




グレアムは自身の自殺未遂を踏まえ、世界中の子供達へ素晴らしいメッセージを贈った。

彼の受賞スピーチに会場はスタンディングオベーション!まぎれもなく今年のアカデミー賞ベストスピーチだ。


ゲイの天才数学者の孤高の人生を描く話題作「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」は3月13日より全国ロードショーされる予定だ。
2015-2-25-1-2



自閉症で知的障害がある次男は、まさしく「変で、他者とは違う人」です。
「変で、他者とは違う子」の母親である私も、「変で、他者とは違う母親」です。
だから、このスピーチは胸にしみます。

Stay weird, stay different

2015-2-25-1-1

  

Graham Moore won Best Adapted Screenplay for "The Imitation Game" at Sunday's Oscars, and he used the win to give a powerful speech about suicide awareness and depression.

"I tried to commit suicide at 16 and now I'm standing here," he said. "I would like for this moment to be for that kid out there who feels like she doesn’t fit in anywhere. You do. Stay weird. Stay different, and then when it's your turn and you are standing on this stage please pass the same message along."


"The Imitation Game" is about the life and achievements of the late Alan Turing, the British mathematician and cryptanalyst who helped solve the Enigma code during World War II. After the war he was prosecuted for homosexuality in Britain and died by suicide in 1954 at 41 years old.



私は、映画のチラシや美術展のリーフレットを捨ててしまうのが惜しくて、ブックカバーにして使っています。
この画像も、プリントアウトしてブックカバーを作ることにします。
良い画像ですよね。
インターネットニュースの編集者がどれだけ心を揺さぶられたのか、わかります。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR