FC2ブログ

「お楽しみ会」独楽

珍しい独楽の数々を披露してくださいました。

部屋は温かいし、2:42 に目が覚めてしまいましたし、すっごく眠かったです。
すいません。
居眠りしました。
ごめんなさい。

2015-2-1-2-1

2015-2-1-2-2

2015-2-1-2-3

スティックの上で廻る独楽を持って観客の中を巡ってくださったのでした。
私はちょうど居眠りをしていたのでした。
横の席に座っていたお母さんが、「お母さん、独楽ですよ。」と声をかけて下さって目が覚めました。
すいません、すいません、はずかし。(>_<)

次男がスティックを持たせていただきました。
ありがとうございました。




独楽の公演のあと、10分休憩がありました。
そのあとは、ビンゴゲームでした。

次男がビンゴになっていただいてきたのは、こちら。

2015-2-1-2-4

2015-2-1-2-5

可愛いです。

次男は今も可愛いものが好きです。
これから先も、ずっとそうだと思います。

次男自身も、オジサンになっても、お爺さんになっても、可愛いままです。
次男が白髪頭になっても、ツルッパゲになっても、次男の背中のジッパーをジジジッと下げたら、中には6歳以下の少年が居るのです。

次男の良いところをこのまま壊さないで、でも次男のできることの最大範囲までをつかって生活してほしいです。
やがて、次男よりも若いヘルパーさんに支援してもらう時がやってきます。
その時がきても、ヘルパーさんに気持ち良く助けてもらえる次男になってほしいです。

親から見れば、わが子は可愛いです。
可愛い時期が過ぎても、障害のあるわが子は、愛おしいさと不憫さが入り混じってしまって、グルグルといろいろな想いが混じってしまって、言い表す言葉が見つかりません。

それは、幼いころの姿やしぐさを覚えているからかもしれません。
よくここまで育ってくれた。。。という気持ちが、わが子の拙い言葉や行動を大甘に見てしまうのです。

でも、それは親だけなのです。
他の人の目に映る次男は、だだの「体の大きい障害者」です。


こんなに健康に育ってくれて。。。。ありがたい。
一言の言葉も発することがないかも。。。。と思っていたのに、少しだけど話せるようになってくれた。。。。これって、小さな奇跡よね。
人類の発展に寄与するほどの奇跡じゃないけど、私達を幸せにする奇跡よね。


と、いう「思い入れ」は、次男の成育歴を知らない人の中には存在しません。
次男は、だだの「体の大きい障害者」です。


それでも、好ましく思ってもらいたいです。
気持ちよく助けてもらえる次男であってほしいです。

年長の障害者を見る時に、自分の立ち位置を「障害者の母親」からずらして、ただの「通りすがりのおばさん」に立たせて眺めてみれば、背中に冷たいものを感じます。
世の中はそんなに甘くないだろうし、豊かでもないのです。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR