FC2ブログ

CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff) 「海外ドラマ、だいすっき!(19748)」

海外ドラマが好きなので、ケーブルテレビでよく見ています。
昨夜は、

CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)

[事件概要]
第8話イメージラスベガスのフィルム加工会社の女性から、本物のスナッフ映画(殺人実写ポルノ)と思われるフィルムがあるとの通報があった。フィルムには確かに女性が殺されているシーンが映っていた。キャサリン達はフィルムに映った外の景色から現場のホテルを割り出し、捜査を開始。壁など全てリフォームされていたが、捜査の結果血痕を発見。また、スナッフ映画に出ていた男性にソックリな警備員がいたことから、その男を容疑者として逮捕した。ところがその警備員は映画に出ていたことは認めたものの殺人は否定、そして供述通り犯人はこの男性でないことがわかり、捜査は振り出しに戻った。
一方、山間の道路沿いで蟻が群がった白骨死体が発見された。復元の専門家テリーを招いて白骨の顔を復元させたところ、被害者は牧場で働いていたダウン症の男性と判明した。また、グリッソムは死体に付いていた蟻やハエのさなぎを元に法医昆虫学的見地から、被害者の死亡推定時期を割り出し捜査を進めていくのだが、牧場関係者の供述と証拠がどうしてもかみ合わず、容疑者らしき人物のアリバイが崩せない。そして今度は所持品などから再度、被害者の死亡推定時期の割り出しにかかるのだが・・・。


海外ドラマ(米国ドラマ)には障害者、障害児がよく登場します。
法律で決められているのか、放送業界のモラルなのかはわかりませんが、たぶん、一定の割合で有色人者、障害者を登場させねばならないことになっているのでしょう。

CSIシリーズのような全米で視聴率の1位を連続して得るような番組は世論を導くこともあるので、その制作には細心の注意が払われているのでしょう。

農場主が被害者の男性に関して言う 「とろいが仕事をこなした」 (日本語吹き替え版)という言葉が、現実的でさめている表現ですが、そういうセリフがあってよかったと思います。

PETE BANSON: Yeah, he's one of my stall muckers. Hired him about two years ago. A little slow in the head, but got the work done. And all of a sudden, he
up and disappeared never heard from him since then.

とろくたって仕事をちゃんとこなしていたダウン症の男性に何が起こったのか。


以前に(次男が幼児のころなのでかなり以前です。)NHKで放送していた連続ドラマ「コーキーとともに」の主人公、コーキーはダウン症でした。
ダウン症の青年が演じていました。

私が昨夜みたCSIに出演した俳優は、特殊メイクで扮装したダウン症ではない俳優なのか、ダウン症である俳優が演じたのかはわかりませんが、的確な表現でした。

加害者に向かって発せられた、

BILLY RATTISON: I don't know nothing about no damn retard.

GRISSOM: He wasn't a "retard," Mr. Rattison. He had what we call Down's syndrome.
BILLY RATTISON: I don't care what he had. Always sticking his nose where it
don't belong.

BILLY RATTISON:あのバカのことは知らないね。
GRISSOM: 「彼はバカじゃない。彼はダウン症だったんだ。」
BILLY RATTISON:知ったことか、いつもハナにつくヤロウだったんだ。


GRISSOM: By the way, the definition of the word "retard" is "to hinder" or "to
hold someone back." I think your life is about to become 'retarded'.


「彼は病気のせいで障害を得た。さて、今度は君の番だ。君の人生にも重大な障害が生じるわけだ。」
これは、日本語吹き替え版のセリフです。

原文に近く訳すと(ところで、「retard」という言葉の意味は、「じゃまをする」「ためらわせる」ということだ。君の人生がそうなろうとしているわけだ。)


等等の言葉は、(私の記憶はちょっと曖昧です。)テレビ放送上、制作会社が世間に示さなければならない良識をドラマのなかで無理なく盛り込んで俳優に言わせたセリフです。
ほんとうに制作スタッフがこう思っているかどうかはわからないし、放送を見た視聴者の何割が「そうだとも。」と思ってくれるのか、わかりません。
ですが、多くの人達が見る番組で発せられる言葉は、国民意識の中に少しづつ浸透していきます。

日本でドラマに障害者が取り上げられる回数はまだまだ少ないし、私も正直言ってナカナカ冷静に見る気力がなくて見られないのですが、本当は、ごく普通にいろいろなドラマ、映画の中に障害者も登場すべきだと思います。
家族の一員に障害者がいる人達だけではなく、家族に障害者がいない人達も”見慣れる”ことがまずは一歩前進なのだと思います。


もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)(11/24)

本当にそう思います。私の子供の頃はもっといろんなタイプのクラスメートがいたように思います。
鮮明に覚えているのは 中学のとき知的障害があるかなという女の子がとても愛嬌があっていい子で ある晴れた夕方 校庭でその子の周りにみんなが座り込んで リラックスした会話をして笑いあったこと。そのことを思い出すと とても心が満たされます。
それから Protea Mamaさんのページを日記に書いていいですか?よく考えてからにしますから いつになるかわからないけど・・・

Re:CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)(11/24)

おもしろそうなドラマですね。今、私は、BSの「デスパレートな妻達2」を見ています。
 アメリカのは、ドラマだけでなくて、映画にもさりげなく障害者がでてきますよね。以前みたコメディ、キャメロン・デイアスが主人公だったのですが、その弟が知的障害者という役でした。でも、全然、暗くなくて、そして、とっても、普通にさりげない感じで出てました。
いろいろな人がいるって前提のアメリカと単一民族の日本では、また状況が違うのかもしれないけど、もっと、日本も色々な人がいてあたりまえっていうところから意識を変えて欲しいなと思うわ。
 いじめなんかも、自分と違う人を認めない事から起きている気もするし。

Re[1]:CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)(11/24)

☆marusianさん
>本当にそう思います。私の子供の頃はもっといろんなタイプのクラスメートがいたように思います。

同じでないと許されない雰囲気がありますよね。息苦しいです。


>それから Protea Mamaさんのページを日記に書いていいですか?よく考えてからにしますから いつになるかわからないけど・・・

どうぞ、そうぞ~~。でもお手柔らかにね~~(@^^)/~~~

Re[1]:CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)(11/24)

ジェウニーさん
>おもしろそうなドラマですね。今、私は、BSの「デスパレートな妻達2」を見ています。

見たことはないですが、なんか、次々事件が起こるんでしょう?「デスパレート」って、せっぱ詰まった、がけっぷちの、絶望的な、という意味ですって???見たいわ~~。TVあと1台ほしいです。

> アメリカのは、ドラマだけでなくて、映画にもさりげなく障害者がでてきますよね。以前みたコメディ、キャメロン・デイアスが主人公だったのですが、その弟が知的障害者という役でした。でも、全然、暗くなくて、そして、とっても、普通にさりげない感じで出てました。

とにかく、明るいですよね。家族や近所の人達が、取り立てて問題視していませんよね。

>いろいろな人がいるって前提のアメリカと単一民族の日本では、また状況が違うのかもしれないけど、もっと、日本も色々な人がいてあたりまえっていうところから意識を変えて欲しいなと思うわ。
> いじめなんかも、自分と違う人を認めない事から起きている気もするし。

私自身ももっと許容量の大きい人にならなければいけないと思います。私達、日本人は同じであることにとらわれていますよね。

Re:CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)(11/24)

ほー!
風邪ひいたっていうから 見舞いにきたら
逆に 感動しちまった。
CSIね 見てなかったけど こりゃ 早速。

Re[1]:CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)(11/24)

りきkkぱぱさん
>ほー!
>風邪ひいたっていうから 見舞いにきたら
>逆に 感動しちまった。

お見舞いありがとうございます。
たぶん、明日は一日、死んでますので、忘れないうちに、今日のうちに、書いておきました。
>CSIね 見てなかったけど こりゃ 早速。

カーチェイスとか、バキュン!バキュン!銃撃のシーンとかがないドラマですから地味なんですけど、興味深く見ています。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR