FC2ブログ

仲間つくり教室-年賀状つくり-その2

--Fの字でうろたえた--


昨日の午後はオニギリとオヤツを持って出かけました。
午後1:00から「仲間つくり教室」があるので、12:15に家を出ました。
出かける前にお昼ご飯を食べるには、お腹は空いていなかったので、オニギリを持って行って、休憩時間にコソッ食べることにしました。


次男がテーブルに出席カードを出すと、受付の先生が、「すぐ左の教室ですよ。」とおしえてくださいました。

あれ!?


先に歩いていた次男が教室に入らないで駆けだしました。


あれ!?次男くん、どこに行くの???
あれ!?姿を消した。


トイレか?
出かける前に必ずトイレを済ませてからジャケットを着るから、到着してすぐトイレに行きたくなることはないだろう。
なんでだ?
次男は、体調が悪いのか??





2カ所あるトイレのそとから声をかけたけれど、次男の返事はなかった。
次男はトイレにいないのか。
どこへ消えた?


もうひとつの教室を覗いてみる。
受講生の顔がちがう。
ここは、次男のクラスではないとわかった。
念のため、指導の先生にお訊ねした。

「先生、このクラスは、何組ですか?」
「ここは、G組です。」


やっぱりちがう。
次男はどこへ消えたのだ。

次男が反対側の廊下からヒョコッと現れた。

「ちがうの。」
次男は、息を切らして、小さく訴えた。
顔に、困惑の表情を浮かべていた。


「次男くん、どうした?
あっちの教室だよ。
さっき先生が教えてくださったでしょ。
すぐにひだりにあった教室よ。」


次男を促して、おしえていただいた教室に入った。
机の上に、受講生の名札が置いてある。
次男は自分の名札を見つけて、最前列の席に座った。
次男はいつも最前列に座る。


私は、最後列の席に座って、”次男くん、何を勘違いしたかなぁ”と思ったら、原因がわかった!
ホワイトボードに大きく、「F組」と書いてある。
次男は「F組」を見て焦って他の教室をさがしに駆けていったのだ。
午前中のクラスがF組だったのだ。
午後に受講する次男は、H組なのだ。

「F組」と書いてあっても、受講生の顔を見れば、「ああ、ここのクラスだ。」とわかりそうなものだけど、次男にはそれが難しい。
次男は容貌認識力が極端に弱いので、本人も弱いことを自覚しているので、人の顔以外のものを自分の行動の手掛かりにしている。

ホワイトボードに「F組」とあったので、次男はそれに反応したのだ。
他のことは視界に入らなかったのだろう。
で、大慌てで自分のクラスを探して、市民学習センターを駆けて一周してきたのだ。


教室におられた先生にお願いして、ホワイトボードに書いてあった「F組」を「H組」に書きなおしていただきました。
「H組」の文字を見て、次男くん、気持ちが落ち着いたかな。
納得したかな。


こんなことで、大慌てになるなんて。。。
知的障害のある自閉症はややこしいです。

でも充分よね。
次男は充分に良い人に育ってくれました。
ありがたいことです。
充分。充分。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR