FC2ブログ

258円のぜいたく

対談番組を予約録画してあったので、再生してみたら、放送当時に地震が発生したので番組が中断されて地震速報の番組になっていました。


あら。。。。そう言えば地震がありましたね。


とっても面白い対談になりかけたところで番組が替わってしまったから残念です。

「ミュージシャン:椎名林檎×作家:西加奈子」だったのです。

今日は、西加奈子氏の著作を求めて古本屋さんに行ったら、みつかりませんでした。
バックからメガネを取り出してかけて、よく探したつもりなのですが、みつかりませんでした。
店員さんに、「西加奈子の本を探してるのだけどぉ。。」と声をかけてみたら、

「ありますよ。ご案内します。」

と、さわやかに返事してくれて、西加奈子氏の本がある棚に連れていってくれました。


「あ!」

店員さんが、小さく声を出しました。
西加奈子の著作は1冊もありませんでした。

あらぁ。。。。。





私がTVを見て思ったように、「西加奈子って、どんな小説書くの?」と思った人が何人のあったようです。
すまなそうに詫びてくれる店員さんに「いいの。いいの。」と言って他の本を探しました。
せっかく来たんだから、もう一度お店をグルグル見て廻りました。

以前に来た時に、800円くらいの値段がついていた本が、おなじ本かどうかはわからないけれど、108円の棚にありました。
”108円になったら買ってあげるからね。”と本に言っていたので、”おお、これは運命ですね。”と思って手に取りました。

そういう本があと2冊ありました。
よしよし、救出してあげましょう。
うれしいな。

探していた本は見つからなかったけれど、今日は、別の収穫がありました。
うれしいな。

古本屋で108円の棚で見つからなかったら、インタ-ネットで探します。
中古本には、1円という価格がついていたりします。
送料が257円つきますけど、合計258円で本をうちまで届けてくれるなんて。
こういうことがお商売として成立するなんて。
とても不思議で、ありがたいです。
社会が安定しているから可能なのでしょう。


郵便物、宅配サービスが無事に届く社会。
災害があっても暴動が起こらない社会。
デモにかこつけて、放火、略奪する人がいない社会であってほしいです。

私たちは、金銭の多い、少ないとは違う基準で、とてもぜいたくな便利な暮らしをしていると思います。
ありがたいです。
ずっとこういう生活を続けたいです。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR