FC2ブログ

アレキサンダー 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日の夕食はグラタンを作りました。
次男に一人で温めさせるのはチョットだけ心配でした。

グラタンをオーブントースターに入れる前に鍋の中でグラタンの具を温めてから皿に移してチーズをかけて焼かないと、皿の底の方が冷たいからです。
我が家のオーブントースターは”根性ナシ”なので、余分に一手間が必要なのです。
でも後で考えたら、底の浅いお皿を何枚も用意してやれば、次男は何回もオカワリをして一人で大丈夫だったんですけどね。


ともかく、次男が起きてくるまで私は起きていることにしました。
ケーブルテレビで映画「アレキサンダー」を放送するので、11時から見ることにしました。
なんとも、壮大な歴史絵巻で世界史の授業が思い出されました。

おお~~アリストテレスの講義を受けていたのか。

これぞ男の夢とも言える世界征服を果たしたマケドニアの若き大王には幸福な生活は与えられなかった。

幸福の形はそれぞれだし、どの形の幸福、夢と出会うことができるのかは、神のみぞ知ること。
手に入らない夢だからこそいとおしく、美しいのかもしれない。

次男くん、君は幸福ですか。
長男くん、君は幸福ですか。


次男は、アレキサンダーの放送が終わる前に起き出しました。

次男くん、まだ、寝ていなさい。

と言うと、

お母さんが怒られるよ。


それを言うなら、”お母さんに怒られるよ”でしょう。

次男には、受身形の言葉が難しいです。
言わんとすることはわかります。

次男に独り暮らしは可能か。
経験値を積み上げて、積み上げて、なおかつ援助を受けながらなら可能であるように思います。

焦らず、焦らせず、積み上げていったならば可能であるような気がします。


ドラマ「僕の歩く道」をチラリとみました。
甥の行方がわからなくなって、兄嫁に詰問されるシーンから後を見ました。
コレだけ、話せても知的障害者の範疇に入るのね。
次男の言語表現力って2歳児にも劣ります。

鳴かぬなら、鳴かせてみせようホトトギス

と迫る部分と、

鳴かぬなら、鳴かぬでも困らないようにしましょうホトトギス

と工夫と人的援助の環境を整えることの2本立てでいきたいです。

そして今のところ次男はとても良い環境にいるように思います。

日々、想うのは、
障害のある次男を就職させていただいたので、私が別の障害のある人を雇うことが出来ないだろうかということ。

私にも何か出来ないだろうか。
保護者が互いに何かを提供しあわなければ、彼らの生活の場は慢性的に不足のままなのだ。
「お願いします。○○ください。」だけでは、永久に状況は変らない。
変らないのではなくて、悪化するのだと思う。
資源は限られている。
こちらからも提供するものがなければ、人もお金もサービスも循環しないと思う。


もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:アレキサンダー(11/22)

このところ、お伺いすることが少なく、失礼しております。

いつもお伺いするたびに、Protea Mamaさんのお母さんとしての愛情が文章からあふれ出してきて、胸にしみます。
健常と呼ばれる人たちと違って生まれた子供を持っている親みんなの願いですね。

Re[1]:アレキサンダー(11/22)

のんくん07さん
諦めず、投げ出さず、シブトクいきましょう。

Re:アレキサンダー(11/22)

次男君、簡単な料理なら結構色々できますね。
洗濯もお掃除もできるし、立派にお給料だっていただいているし、きっと独立できるでしょうね。
長女はオーブントースターで食パンを焼けるようになりました。
ただ、ボタンを押すだけですが、それでもえらい!と褒めちぎってます。^^V

Re:アレキサンダー(11/22)

「手に入らない夢だからこそ、愛おしく、美しいのかもしれない」つまり、それを愛おしく思う気持ちが強ければ、強いほど、人って頑張れるのでしょうね。いつも、protea mamaさんの言葉にはいい意味で考えさせられます。

Re[1]:アレキサンダー(11/22)

kukuminnさん
ボチボチいきまひょ。ボチボチ。ボチボチ。

Re[1]:アレキサンダー(11/22)

turbo19760426さん
いとおしさと苦しさがあいまって、不思議な感慨があります。ほとんどの人ってマゾかもですね。ナンノコッチャ。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR